I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

大塚家具の接客はやはり凄かった!


広告

f:id:OKP:20150821214902j:plain
先日、ダイニングテーブルを買ったのですけど、最近お家騒動で色々と話題になっていたIDC大塚家具を利用しました。
というのも、まとまったデパート商品券があったので、それを利用しようと家具の買える百貨店を探したら、多摩地区では立川高島屋のショールームだったというのが理由なのですが…。
設備・サービス|立川ショールーム|家具・インテリアのIDC大塚家具

大塚家具デビュー

かつてのIDCの接客は入口で名前を書いてマンツーマン云々…と噂は聞いていましたが、体制変更によりその辺の方針も変わってると聞いてましたし、比較的気軽な気持ちで訪れました。
f:id:OKP:20150821214859j:plain
確かに入店直後からマンツーマン接客というのはありませんでしたが、適度なタイミングで声かけされてからは、それはまあ驚くぐらいのプロフェッショナルな接客を受けました。

デザイン、サイズ、用途などの希望を伝える毎に、次から次へフロアの各所にある様々なテーブルを案内されます。しかも各商品毎にまるで資料を見ながら喋ってるかと思わせる位に、スラスラと出てくる豊富な商品知識。

手掛けたデザイナーの情報とかそこまで必要ないかなぁと思うものまでありましたが、木材や塗装、テーブルの構造の話など聞いている分にはとても面白い。
こちらも「都合の良いセールストークには乗せられんもんね」という気持ちはありつつも、単純にプロフェッショナルの仕事として見ていて気持ちいいのです。こちらの少し前の言葉を拾って(ex.「先ほど○○さまが仰られたように…」)情報を重ねてくる所などもテクニックなのでしょうねえ…。

これまで家具といったらIKEAや無印、家具屋でも島忠やムラウチしか利用してこなかった私にとってちょっとしたカルチャーショックですね(笑)
f:id:OKP:20150821214858j:plain
今回は多少予算に余裕もありましたが、無理に高いものを奨められるといった感じでもないですし(まあ、我々の雰囲気を見ればお金ありそうに見えないでしょうしw)、1時間程かけてじっくりショールームを案内して貰ってるうちに、これというテーブルに出会うこともできました。丁度、セール対象になっている商品だったこともあり、その日のうちに決めてしまいました。
ダイニングテーブル「ハイヒール」|ダイニングテーブル一覧|家具・インテリアのIDC大塚家具

帰りがけの奥さんとの会話は「いい買い物できたね」より「接客、凄かったね」がメイン(笑)

明るい食卓に!?

購入したテーブルは1週間ほどで自宅に届きまして、早速新しいテーブルで食事を食べるのが楽しい毎日です。直後に担当者の方から丁寧なお礼状が届いたりと、我が家がこんな接客を受けるのはうかい亭以来かも(笑)
f:id:OKP:20150821214901j:plain
特別高級品という訳ではありませんが、我が家とってはそれなりにいいモノを選びましたし、これまで使ってきた家具に比べても長く使えそう。
同じタイミングで食器も新調したこともあり、食卓の雰囲気も明るくなってこれまでよりも美味しそうな写真が撮れるといいなと。
f:id:OKP:20150821214857j:plain

プロの接客

プロの接客

大塚家具 父と娘の泥仕合―週刊東洋経済eビジネス新書No.110

大塚家具 父と娘の泥仕合―週刊東洋経済eビジネス新書No.110

  • 作者: 週刊東洋経済編集部,冨岡耕,福田恵介,大野和幸,田野真由佳,大滝俊一,堀川美行,新藤真実,中林武也,池田梢,鈴木聡子,茨木裕,鈴木智,中島康順,福山智美,宮澤由美,中野法子,筒井幹雄,小林由依
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2015/05/15
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る