読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

稲城の至宝、幻の梨「稲城」を今年も味わう

多摩グルメ

東京都稲城市は知る人ぞ知る(?)梨の産地。中でも生産量が少なく「幻の梨」とも言われる品種「稲城」は、市場に殆ど出ない梨で近隣スーパーなどですら見ることがありません。

f:id:OKP:20161007111808j:plain

「稲城」(括弧付きは梨の方で)の特徴はそのサイズ。大きなものだとソフトボール大になる大玉の品種ですが、大きかろうと大味になることはなく、水分たっぷりのみずみずしさと気持ちの良いシャキシャキ感、どこを食べても抜群の甘さが特徴!
梨 稲城市ホームページ

果物の中でも、梨はかなり上位に入る好物な私。毎年スーパーに梨が並び始めると必ず買っているのですが、初めて「稲城」を食べたときには衝撃を受けました。これは誇張でなく、職場などで「稲城」をお裾分けすると、その美味しさに驚かれます。

f:id:OKP:20150907163852j:plain

「稲城」を食べたいなら稲城に行け!

そんな市場に出回らない「稲城」の入手方法ですが、生産地である稲城市に行くことができるなら簡単です。稲城市内を車で走っていれば、そこかしこにある梨畑に隣接した直販所を見つけることができると思います。特に梨畑が密集しているのは、京王線の稲城駅から、JR稲城長沼駅〜矢野口駅周辺でしょうか。

稲城市の農産物直販所マップはこちらからPDFを見ることができます。
いなぎ農産物直売所マップ 稲城市ホームページ

f:id:OKP:20161007111807j:plain

週末の午前〜お昼前後だったら比較的空いている所が多いでしょうか。この日は平日でしたが、少し車で走っていれば何軒か空いてる直販所を見つけることができました。

f:id:OKP:20150907163850j:plain

ネット通販をしているところもあるようですが、既に売り切れていたり、贈答用といった感じで値段もそれなりの設定となっているようですので、やはり現地を回って見るのが一番確実でしょう。

f:id:OKP:20161007111810j:plain

「幻の梨」と言われるだけあって、豊水や香水、新高などに比べると価格は高めですが、中玉のものが3〜4個で1000円前後からあると思います。また、直販所によっては傷物や小玉が驚くぐらいに安く売られていることもあります。

f:id:OKP:20161007111809j:plain

選び方ですが、なるべく大きなものが入っているのがオススメです。そう、「稲城は大きいのが美味しい」というのが地元の通説。この日訪れた直販所でもハッキリと「小さいのはそれなりの味」と言われてしまいました(笑)

広告



水分タップリで甘味も強い「稲城」

この日買ったのは中玉2個と小玉1個で500円の傷物。どうせすぐに食べますし表面のキズや見栄えは気にしません。「稲城」のサイズ、TG-4を比較に置いてみましたが分かりますでしょうか? 奥の小玉のものが、通常スーパーで見るサイズだと思ってください。

f:id:OKP:20150907163853j:plain

よーく冷蔵庫で冷やしてさっそく食べてみました。1個を2人で分けたのですが、半分でもこのボリュームです。味はもう… 間違いありません。水分も多く甘味が強い、そしてなによりシャキシャキとした歯応えがたまりません。

f:id:OKP:20150907163854j:plain

今年も稲城の「稲城」は最高に美味しいです!

翌日、今度は小玉の「稲城」を食べてみたところ、これがまた笑ってしまう位に美味しかった(笑) 「稲城」基準の「それなりの味」のレベルの高さったらもう驚いてしまいます。

例年ですと「稲城」は9月の上旬から中旬までが収穫時期ですが、今年は天候の影響かまだ袋を被った梨畑を多くみかけたので、もう少しこの地元の宝を楽しむことができそうです。