I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

超広角の誘惑に翻弄された一年を振り返る


スポンサーリンク

気がついたらもう大晦日ですか。今年は生活に大きな変化もあり、総括したいことも色々とあるのですが、もうあまり時間もありません。ということで現在の趣味のメインでもあるカメラ関係における2015年の私的まとめっぽいものを…?
f:id:OKP:20150602232702j:plain
今年も一眼、コンデジと色々なカメラを使い様々な被写体を撮ってきましたが、やはり一番夢中になったのが超広角域の画角、そして超広角レンズでしょうか。

ずっと超広角レンズが欲しい人でした…

最初にこのブログで「超広角レンズが欲しい」とか言い出したのは、昨年の8月に書いたこの記事の頃のようです。この記事もこの1年間、たくさんのお客さんを呼んでくれましたっけ。
moognyk.hateblo.jp

その後、広角21mm相当からのコンデジであるオリンパスのSTYLUS TG-850 Toughを買って、南アルプス北岳登山などで使ったりしてたのが去年の話。
moognyk.hateblo.jp
ちなみに広角コンデジといえば、かつてリコーのGX200にワイドコンバージョンレンズを付けて19mm相当で使っていたことを思い出しました。今だと現行GR+ワイコンで21mm相当というのがあるみたいですね。

フィッシュアイボディキャプレンズの魅力を再確認

そして今年。1年近く前に手に入れていたオリンパスの魚眼ボディキャップレンズBCL-0980の存在を思い出し、積極的に使うようになりました。
moognyk.hateblo.jp
現在は8000円を切る価格のアクセサリながら、魚眼レンズとしても充分に使えてしまう性能を持つ薄型ボディキャップ。予備レンズとして、スイス旅行や登山のお供にも持っていき、標準レンズでは収まらない超広角風景を切り取って楽しみました。
EM101155.jpg
しかしながら、魚眼レンズということもあって画面の周辺にかけて強烈な歪み(ディストーション)が発生してしまいます。魚眼レンズの個性としてはこれで正しいのですが、せっかくなので後処理で歪み補正とかできないかな?なんて。

Lightroomでなんとなく歪み補正を試したりもしましたが(上の記事中にもあります)、今年直接お会いする機会のあったからあげさん (id:karaage) に、BCL-0980をオススメするのに併せて「専用の補正アプリ作ってー」と強くリクエストしていた所、本当に作ってくれました。なんて素敵な年末プレゼント!
karaage.hatenadiary.jp
PhotoshopやLightroomで歪み補正を試みてもなかなか上手く行かなかったのですが(そこそこ広角っぽくなるけど必ずどこかが歪む)、からあげさんの記事中の変換式についての解説を読んで、やっぱり自分には分からないことが分かりました(笑)

しかし、からあげさんの作ってくれたアプリ「uonome」を試して、歪曲具合を確認してなるほどなと。元画像のアスペクト比を保ったまま補正しようとしてたのにも無理があったのですね…。補正をかけてから余計な部分である天地部分をトリミングすると、アスペクト比はやや横長になるようです。

ということで「uonome」を使うと、BCL-0980で撮ったここの写真が…
f:id:OKP:20151231163528j:plain
こうなる!
f:id:OKP:20151231163538j:plain
すごい! 歪曲してた線路や電線が見事に直線になりました。

この画角、マイクロフォーサーズの7mm広角(14mm相当)よりも広いんじゃないでしょうかね? 周辺部は引き延ばされることでかなり流れて(荒れて)しまいますが、中央付近の写りがいいので結構普通に見られてしまいます。ブログレベルなら全然OK。というかこれ、8000円のトイレンズで撮った写真ですからね。
ちなみに天地のトリミングにより、アスペクト比は一眼レフ標準の3:2からもう少し縦を狭めた「3:1.9」位になってます。

フォーサーズ時代の超広角?レンズを買ってみるなど…

そんな感じで超広角にじわじわハマってきた私。今年の6月後半に発売予定だったオリンパスの新しい超広角ズームのPROレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO」が欲しくなるのは当然の流れですよね…?
moognyk.hateblo.jp
しかしながら6月に長年勤めた職場を退職予定だった私。会社を辞めたばかりでそんな贅沢いかんよなーと悩みながら、何を血迷ったかフォーサーズ時代の広角ズームレンズに手を出してしまうのです。
moognyk.hateblo.jp
超広角といっても広角端で11mm(22mm相当)というやや中途半端なものですが、広角端の広がった標準レンズといった感じで、非常に使いやすい画角でした。
このレンズはスイス旅行や富士登山などでもかなり活躍してくれました。
moognyk.hateblo.jp
moognyk.hateblo.jp
ただし、やはりフォーサーズ時代のレンズということもあり、MFT機では像面位相差AFを持つE-M1を持ってしてもAF時にやや迷うことが多く、結局以下のレンズを手に入れた後に手放してしまいました。実はちょっと後悔しているのですが(笑)

結局買ってしまった超広角ズームレンズ

数ヶ月間、“買う買う詐欺”のような日記をダラダラを書き続けてきた私ですが…。
moognyk.hateblo.jp
moognyk.hateblo.jp

結局、10月に入って「M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO」を買ってしまいました。
moognyk.hateblo.jp
どうせ買ってしまうのなら、スイス旅行やら秋の涸沢カールの前に手に入れておけよ… と自分でも突っ込みたくなりますが、まあこうやって色々迷ってみるのも買い物の醍醐味ですから!?
夏山シーズンも終わってしまった時期ということで、まだそこまで本格的にアウトドア撮影にも使えていません。それでも出掛けるたびに持ち出しては慣れない画角に戸惑いつつ、その魅力にハマり初めている最中です。
moognyk.hateblo.jp
moognyk.hateblo.jp
moognyk.hateblo.jp
moognyk.hateblo.jp

本命のレンズを手に入れてしまった以上、あとはひたすら撮りまくって精進あるのみ。来年はここ数年お休みしていた釣りも少しずつ復活させて行こうと考えていますし、アウトドア&カメラに益々没頭してみたいと思っています。

OLYMPUS 広角ズームレンズ ZUIKO DIGITAL 11-22mm F2.8-3.5

OLYMPUS 広角ズームレンズ ZUIKO DIGITAL 11-22mm F2.8-3.5

来年もよろしくお願い致します

もうひと記事ぐらい更新できるかな…? とも思いましたが、今年はこれが最後の更新になりそうです。新年最初の更新はお天気さえ良ければ、毎年恒例の多摩川からの初日の出&初富士でしょうか。
恐らく超広角レンズは必要ないかと思われますが(笑)、無事に起きることができれば行ってこようと思います。
moognyk.hateblo.jp
来年も当ブログ「I AM A DOG」を何卒よろしくお願い致します! 皆様よい年をお迎え下さい!