I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

EVFを内蔵した新型PEN「PEN-F」をオリンパスプラザで触ってきた!


広告

先日発表されたオリンパスの新型ミラーレスカメラPEN-Fが、今月1日よりオリンパスプラザ東京/大阪にて展示されているというので、触りに行ってきました。
オリンパス お知らせ: 新製品「OLYMPUS PEN-F」トークイベント、ならびに先行展示のお知らせ
f:id:OKP:20160204003914j:plain
平日の午後にこのような場所に行く機会ってなかなかありませんが(小川町にあった頃は、仕事の打ち合わせの後など偶に寄ってました)、この日は結構プロっぽい人というかフリーランスカメラマン、メディア関係者っぽい人が見に来ていた雰囲気。あくまで見た目での印象ですが、大きく外れてないはず…?
f:id:OKP:20160204003906j:plain
この後、かなりの写真の枚数が多いレポートになりますが、PEN-Fの実機が気になる方は良かったら見てくださいませ。

クラシカルな外観に最新機能が詰め込まれた魅力的なカメラ

PEN-Fの展示品は3つのテーブルに各3台ずつ位、シルバー/ブラックの両方が展示されてます。レンズは全て単焦点の12mm F2.0が付いた状態で、外付けグリップや本革ボディージャケットが付けられているものも各1台ずつ展示されてます。
f:id:OKP:20160204003913j:plain

これがレンズキットの12mm F2.0との組み合わせ。このレンズ初めて触りましたが、いいですね広角単焦点って。既に12-40mm PROを持ってるのですぐに買おうとは思いませんが、広角好きの私としてはお散歩レンズに使ってみたい。
f:id:OKP:20160204003855j:plain

シルバーの軍幹部。高級感があって格好いいですね。シャッターはレリーズケーブルのネジ穴付き。PENやOM-Dでは初めて搭載された露出補正ダイヤルは、重すぎず軽すぎずのいい塩梅。コマンドダイヤルはダブルでなく手前側のみなんですね。
f:id:OKP:20160204003856j:plain
ちょっと写真が暗いですが、親指位置のフィンガーレストがいい感じにボディを保持してくれます。手前側にはグリップ的なものはありませんが、重量の割に思った以上に持ちやすいと感じました。

PENシリーズでは初めて内蔵されたEVF(電子ファインダー)。OM-D E-M10 Mark IIと同様のものが搭載されているそうです。E-M1やE-M5 Mark IIのファインダーより若干倍率は低いですが(解像度は236万ドットで同じ)、個人的には持ち替えても殆ど気にならないレベルです。
f:id:OKP:20160204003857j:plain
それよりも有機ELになったことで若干表示の色味が鮮やかな気もしました。それでもソニーやパナソニック機程、鮮やかな感じでもないでしょうか。

シルバーとブラックを並べてみました。
f:id:OKP:20160204003858j:plainf:id:OKP:20160204003859j:plain

持って行った自前のPEN Lite E-PL6とも並べてみました。ひとまわり以上サイズ差があるのが分かるでしょうか。この2枚だけiPhone6で撮りました。
f:id:OKP:20160204010622j:plainf:id:OKP:20160204010620j:plain

最新機種らしく、フォーカスブラケットやハイレゾショットも搭載。ただしE-M1のv4.0から搭載された深度合成には対応していません。
f:id:OKP:20160204003900j:plain

充電池は小型のBLS-5/50系でなく、E-M1などで使われているBLN-1。PENだとE-P5などが同じ電池でしたっけね。EVFで電力を食うせいかな?と思ったけど、E-M10系はBLS-5/50なんですよね…。SDカードの出し入れもここで行います。
f:id:OKP:20160204003901j:plain

本機の特徴的なギミックでもある「クリエイティブダイヤル」。アートフィルターやカラークリエーターを一発で呼び出せるのは結構楽しいかも。普段あまり積極的に使わない機能でしたが、単独のダイヤルがあることで使用頻度が上がりそう?
f:id:OKP:20160204003908j:plain
あと本機で新搭載となった「モノクロプロファイルコントロール」がかなり面白そうです。白黒フィルム風の粒子の粗いプリセットが2種類あって、RICOHのハイコントラスト白黒みたいな雰囲気の写真も撮れます。「森山大道ごっこ」できますよ!?
モノクロ/カラープロファイルコントロール PEN-F | PEN | オリンパス

4種類のカスタムモードがダイアル直結になってるのは便利そうだなあ。
f:id:OKP:20160204003909j:plainf:id:OKP:20160204003910j:plain

外付けグリップ(ECG-4)&本革ボディージャケット(CS-47B)

外付けグリップ(ECG-4)を付けたPEN-F(ブラック)。結構ゴツくなりますが、めっちゃ持ちやすくなります。ただしこれならOM-Dでもいいよなぁ、なんて(笑)
f:id:OKP:20160204003902j:plainf:id:OKP:20160204003903j:plain

グリップの底面。六角レンチでのネジ止め式なので取り付けたら簡単には外せません。SDカード/電池交換はグリップ装着時も可能です。
f:id:OKP:20160204003904j:plainf:id:OKP:20160204003905j:plain

こちらは「本革ボディージャケット」(CS-47B)。グリップ同様に握りやすくなりますが、底面がガッツリ塞がれるので電池交換などはしにくくなりそう。
f:id:OKP:20160204003911j:plain

バリアングル液晶をひっくり返すと張り皮の面が現れてフィルムカメラ風に。EVFでモニターと同じ情報を見られるので、こういう使い方もアリなんですよね。
f:id:OKP:20160204003912j:plain
という感じでPEN-F展示機を触ってきたレポートでした。フィルムカメラ風のクラシカルな外観ながら、操作性もよくオリンパスのミラーレス機の美味しい所が詰め込まれた魅力的な機種だと感じました(それだけに防塵防滴が惜しい)。唯一のネックは売り出しでE-M1を超えているその価格でしょうか…。
moognyk.hateblo.jp
yamacamera.hatenablog.jp

M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROも触ってきたのですが…

すみません、PEN-Fの画像が多く予想外に記事が長くなってしまったのでサンヨンのお触り報告は次回に分けます。個人的には「格好いいけど買う予定のないPEN-F」よりも「凄く欲しい!でも高すぎるー」な300mm F4.0の方が実際に触って悩ましかったかもしれません…(笑)

OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN-F Body SLV

OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN-F Body SLV

(追記)書きました。
moognyk.hateblo.jp