読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

ようやく私のFireタブレットにも「Fire OS 5.1.4」がやってきてSDカードに雑誌&漫画が入れ放題に

先週末あたりに話題になっていたFireタブレットのOSアップデート。

Amazonビデオの自動ダウンロードなどもありますが、購入したKindle書籍データをFireタブレットに差したmicroSDカードに保存できるようになったというのが一番のトピックでした。

f:id:OKP:20160512095925j:plain

今までできなかったSDカードへのKindle書籍の保存が可能に!

先日、こんな記事(複数Kindleを使い分ける話)を書いたばかりですが、本体メモリが8GB(実際ストレージとして使用できるのは5.63GB)のFireタブレットは、これまでmicroSDカードに動画やゲームなどは保存できたものの、肝心のKindle書籍が保存できませんでした。

AmazonでKindle本セールの度に増えていく雑誌や漫画などの固定レイアウトのKindle書籍データ。これらをまとめて保存できると思って手に入れたFireタブレットですが、購入後にそのSDカード周りの仕様を知り微妙に残念さを感じていたのも事実。それがようやく解消されるアップデートということで、楽しみにしていたのですが、一向にうちのFireタブレットにアップデートが来ないのです…。

数日待たされてようやくやってきた「Fire OS 5.1.4」

自分のFireタブレットの設定メニューから[端末オプション]→[システムアップデート]をチェックしてみた所で、待てど暮らせど反応はなし。アップデートは全ユーザー同時に行われるのでなく順次、という情報もあったので最近買ったばかりの私は後の方なのかもしれません…。

結局週末を跨いで今週月曜日になってもFire OS 5.1.3のまま。ブログのネタにするにもすっかり乗り遅れてしまって(笑)、昨日は一日仕事で外出していたのですが、帰宅してベッドサイドのFireタブレットを見たら… いつの間に「OS 5.1.4」になっていました。おい!

f:id:OKP:20160608105555p:plain

「インストール日時:2016年6月7日, 17:41」って私が外出している間… アップデートって自分のタイミングでかけるんじゃないんですね。なんとも感動がない(笑)

f:id:OKP:20160608105556p:plain

ということでようやく私のFireタブレットも、microSDカードにKindle書籍入れ放題となりました!  そしてアップデート後は、勝手にKindle書籍がSDカード側にダウンロードされる設定がオンになっていました。色々と雑な気もしますが、まあいいか。

f:id:OKP:20160608105554p:plain

Fireタブレットは内部ストレージが埋まってくると、ただでさえモッサリ気味の本体動作が輪を掛けて重たくなってくるので、まず一端内部ストレージにダウンロードしていた書籍の大半を削除。恐らくストレージ間のデータコピーはできないようなので、改めてmicroSDカード側にクラウドから書籍データをダウンロードしていくことになります。

ちなみにFireタブレットは最大128GBのmicroSDカードまで対応。ただし、128GBのmicroSDともなるとFireタブレットと同じ程度の価格になってしまいますし、この辺はお財布と相談しつつ適当なサイズのカードを用意するといいでしょう。

我が家には空いてるmicroSDカードが16GB程度のものしかなかったのですが、ひとまずベッドサイドで読みたい書籍は一通り保存することができそう。まあ早いうちに、もう少し容量の大きなmicroSDカードをゲットしておいた方が良さそうです。

容量の不安はなくなったものの電書端末としてベストとは言い難い!? 「Fireタブレット」

以前にも書いているかもしれませんが、Fireタブレットでの読書環境は決して快適とはいえません。ディスプレイの解像度が低いため、固定レイアウト書籍の細かい文字などは拡大しないと読むことができませんし、写真の発色もいまいち。テキスト系書籍の視認性ならば、E InkのPaperwhiteに大きく譲ります。

f:id:OKP:20160601172808j:plain

容量に死角がなくなったとはいえ、「無敵」とか「最強」の電書デバイスか?といったら、決してそのようなことはないでしょう(相変わらず煽り気味の記事多いですけども)。
とはいえプライム会員なら4980円という超安値で買えるタブレットに、好きなだけ電子書籍データを詰め込めるというのは、相当に魅力的なことは確かででしょう。

もし、未だKindle未体験ならば最も手の出しやすい価格ですし、既にPaperwhite等を使っている人がカラー雑誌や漫画を貯めておくために、使い分けるのもアリでしょう(私がまさにこれ)。ご自身の電子書籍環境、購読スタイルに合うならば、驚くぐらいにコスパの高いタブレットだと思いますのでぜひご検討くださいませ。

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

あとは溜め込んだKindle書籍を積読にせず、ちゃんと読み込む時間があれば…(笑)