I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

多摩川競艇場の花火大会を稲城の丘の上から見た!


広告

東京競馬場の花火大会に引き続き、府中市民の夏のお楽しみである「ボートレース多摩川(多摩川競艇場)」の花火大会を見てきました。

競艇場花火1.jpg

…といっても今年は競艇場には行かず、多摩川を挟んだ対岸の高台、稲城市向陽台の城山公園に足を運んでみました。どの程度見えるものか不安ではありましたが、始まってみればなかなか悪くない見物ポイントでした。


花火の写真も撮ってみた(GX7MK2&E-M1 MarkII)

カメラはいつものOM-D E-M1 MarkII+M.ZD12-100mm F4.0 IS PRO(手持ち用)と、先日手に入ればばかりのLUMIX GX7 Mark II+M.ZD45mm F1.8(三脚用)の2セット。

花火を見ながら、E-M1 MarkIIで長秒手持ちチャレンジしてみたり、合間に三脚にセットしたGX7 Mark IIのシャッターを切ってみたりと、比較的慌ただしく遊んでおりました。

P7280017.jpg

まだ、全ての写真はチェックし切れてないのですが、目に付いたものをいくつかピックアップしたり、比較明合成してみました。

競艇場花火3.jpg

広角気味に写っている写真は手持ちのE-M1 MarkII。実際にやってみると2〜4秒程度が限界で(どうしても花火を見たい気持ちでブレてしまいます…)、いいタイミングで花火と下の道路を走る車の光跡が写ってたものを何枚か。
あと、お馴染みのライブバルブ/ライブコンポジットを手持ち撮影で使うのは、かなり難易度高いことが分かりました(花火鑑賞を諦めればできないことはないと思う)。

P7280073.jpg

望遠になっているのがGX7MK2。5〜6秒露光ぐらいで適当に撮ったものをPhotoshopで適当にコンポジットしています。

競艇場花火4.jpg

FF換算で90mm相当となると、やはりシャッター手押しではブレが発生してしまうようです。2秒セルフタイマーを使おうかとも考えたのですが、面倒くさがったのが失敗でした。どうやらGX7MK2はケーブルレリーズ非対応のようなので(GX7は使えるのに…)、何か考えないと。スマホからのリモートはあまり好きじゃないんですよね…。

競艇場花火2.jpg

…といった感じで写真はまあご愛敬ですが、我が市の花火は多摩川を挟んだ稲城市からも良く見えましたというご報告。実はこの場所、東京競馬場の花火を見る際にいい感じの写真が撮れそう(是政橋+花火)な場所なのですが、それはまた来年のお楽しみです。

P7280099.jpg

…と言いつつ、結局来年も競馬場の馬場内で飲んだくれていそうな気もしますけど(笑)

今夜は立川の昭和記念公園で花火大会!

さて、本日7月29日(土)にも同じ多摩エリアで花火大会があります(この告知を載せたくて急いで昨夜の写真を現像したのです…)。立川の国営昭和記念公園で開催される「立川まつり 国営昭和記念公園 花火大会」です。

立川まつり 国営昭和記念公園 花火大会 - 立川観光協会
開催日時:2017年7月29日(土) 19時20分〜20時20分(小雨決行 荒天の場合中止)
観覧場所:国営昭和記念公園 みんなの原っぱ
入園料:大人¥410 小人¥80(18時以降入園無料)
打上総数:5,000発

※現在、雨の予報も出ています。公式Twitterを確認しておくといいかもしれません。
【公式】立川まつり国営昭和記念公園花火 (@tachikawahanabi) | Twitter

園内はかなり混み合うようですが、立川駅の周辺からも見たことがある位なので、昭和記念公園の周辺まで行けば花火鑑賞ポイントはあるかもしれませんね。

P7280064.jpg

私は昨夜にも花火を見たばかりですし、そこまで行きたいとは思いませんが(人混みが苦手すぎるので)、後は妻次第でしょうかね。

関連がありそうな記事