I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

第80回日本ダービーを撮ってみた


スポンサーリンク

[OLYMPUS E-5+ZD ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD+EC-14]
f:id:OKP:20130526154716j:plain
競馬はやらないのですが、せっかく府中に住んでいるのだし、一度位は重賞レースの写真を撮りに行こう!と思いながらはや3年半…。丁度、日本ダービー開催の週末に用事も無かったので、昼食を食べてからのんびり散歩がてら東京競馬場に行ってみました。
現地に着いたのは8レースのスタート前。スタンドも馬場内方面も見渡す限り超満員な中、スタンドの階段からカメラを構えてみることにします。ちなみにメインレースの頃になると通路も階段も移動できないぐらいに観客でギッシリ。

2レース分練習がてらに撮ってのメインレースでしたが、ゴールジャストのタイミングには興奮した人影が入ってしまって(笑)、↑はそこから3コマほど後。50-200mmの望遠レンズに1.4倍のテレコン使用で560mm相当、スタンドから馬(の全身)を撮るには丁度いい感じでしょうか。C-AFの連写で、向かってくる犬だと全滅なE-5ですが(笑)、距離を取っての横方向ならそこそこの歩留まりでした。
f:id:OKP:20130526142033j:plainf:id:OKP:20130531005318j:plainf:id:OKP:20130526145605j:plain
恥ずかしながら、出走馬すらろくに知らない状態で行ったのですが、1位でフィニッシュした馬は武豊騎乗の「キズナ」、ディープインパクトの血統なんだそうですね。なんだかもう色々と凄いなあと。2番手のエピファネイアに騎乗する福永騎手のダービー初制覇に注目が集まっていたのは、NHKニュースか何かで見ていましたが、これだけお膳立ての整った中(西田敏行が国歌歌ってたし)きっちり結果を出すとか、ファインダー越しに始めて馬名を知ったような自分ですらゾクっとします。
ということでウイニングランのキズナ。青鹿毛の馬体が輝いてとても美しい馬でした。
f:id:OKP:20130530194914j:plain

OLYMPUS 超望遠ズームレンズ ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD

OLYMPUS 超望遠ズームレンズ ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD