I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

【くろ玉】黒光りする不思議な山梨銘菓を食べました【キャラ玉】


スポンサーリンク

2週連続で週末に台風が直撃ししたことで外出の機会を失ってしまいましたが、10月も終わり関東甲信越の紅葉もいよいよ本番を迎えます。山の紅葉はかなり低い標高まで下がってしまったようですし、これからは平地の紅葉スポットが狙い目かも。

これまで何度も遊びに行ってる、山梨の西沢渓谷の紅葉も丁度今が見頃でしょう。

f:id:OKP:20171101102638j:plain
私にとって秋の山梨といえば「西沢渓谷」

さて、そんな山梨名物のお菓子として真っ先に思い浮かぶのはお馴染みの「桔梗信玄餅」ですが(中央本線の相模湖駅でもなぜか売ってる)、他にもオススメの美味しい銘菓があるんだよと、東京と山梨の二拠点ワークをしている友人が教えてくれました。

f:id:OKP:20171101101557j:plain
こ、これは・・・・????

実はその友人が仕事で懇意にしていただいているお菓子屋さんの商品とのことで、そんなツテもあって、今回そんな甲府の澤田屋さんより「くろ玉」に「キャラ玉」というお菓子を送っていただきました。

甲斐銘菓:澤田屋の「くろ玉」「キャラ玉」

失礼ながら友人から紹介されるまで知らなかった澤田屋さん。甲府ではとても歴史のある店だそうで、代表商品の「くろ玉」はなんと1929年(昭和4年!)に誕生した歴史のある人気のお菓子だそうです。きっと何処かのお土産屋さんで出会っていたはずですね、今まで知らなくてゴメンナサイ!
澤田屋 - くろ玉 山梨甲斐の銘菓

f:id:OKP:20171030150058j:plainf:id:OKP:20171030150059j:plain
我が家に届いたくろ玉&キャラ玉の楽しい化粧箱。やはり甲斐は武田推し!?

一方の「キャラ玉」はつい最近、2014年に誕生したくろ玉の弟分妹分!? どちらも私は始めて食べるお菓子なので、週末のお茶の時間に楽しみにいただくことにしました。

なるほどこれは便利な個包装パック

事前にホームページで「くろ玉」「キャラ玉」の見た目は確認していたのですが、まんまるテカテカのお菓子がどんな状態で包装されているのかイマイチ分かりませんでした。
もしかしたら手で持ちにくい、ちょっと扱いづらいお菓子なのかな?…なんて。

しかし、箱を開けてみたらまさかの個包装。ひとつひとつが半円状のプラスチック製カップ入っていて、裏側のフィルムを剥がし、そのまま綺麗な状態でお皿に取り出せる仕組み。

f:id:OKP:20171030150104j:plain
一見するとオシャレな洋菓子にも見えるかも?

これなら直接お菓子に触れずに取り出せますし、個包装なので食べる分だけ順番に開封すればいいのです。一度開けたら、早いうちに食べきらなきゃいけないタイプの包装だと、色々面倒なこともあるんですよね。

f:id:OKP:20171101095126j:plainf:id:OKP:20171101095134j:plain
菓子には触れることなくお皿に出すことができます

表面に手で触れてみるとしっとりとしていますが、外側は固まっているので型崩れしたり表面の餡(たれ?)が手に付くこともありません。正に羊羹の手触りですね。
なによりこの見た目! まんまるテカテカのインパクトはなかなか他にありません。

f:id:OKP:20171101095139j:plain

青えんどう豆&黒糖羊羹の「くろ玉」

美しく黒光りするくろ玉の表面は、黒糖羊羹だそう。割ってみると中には薄緑色の餡… これは青えんどう豆を使ったうぐいす餡。ちょっと豆の粒を残した餡になっています。

f:id:OKP:20171030150109j:plainf:id:OKP:20171030150116j:plain

黒糖のコクとうぐいす餡の上品な甘さ、これはもうお茶にピッタリなお菓子です。改めて記憶を辿ってみましたが、やっぱり食べたのは初めてみたい!

f:id:OKP:20171123231423j:plain

キャラメル&さつまいもの「キャラ玉」はコーヒーのお供にも

歴史のあるくろ玉に比べると、まだ生まれたてホヤホヤの「キャラ玉」。こちらはさつまいも「あけの金時*1を使った芋餡を、キャラメル羊羹でコートしているそうです。

f:id:OKP:20171030150110j:plainf:id:OKP:20171030150117j:plain

お茶にはもちろんですが、キャラ玉はコーヒーとの相性も良いそうなので、今度はコーヒーを淹れて合わせてみました。

f:id:OKP:20171101095133j:plain

確かにくろ玉に比べて甘味の立ったキャラ玉は、コーヒーがよく合います。間違いない。

f:id:OKP:20171030150124j:plainf:id:OKP:20171030150122j:plain
実はくろ玉も意外とコーヒーとの相性が悪くないです

個人的にはどちらかといえば甘味の優しいくろ玉が好みですが、妻はキャラ玉が気に入ったみたい。店舗や通販などでは、それぞれ別のパッケージの他、両方の詰め合わせも用意されているようなので、初めての方はまずは詰め合わせで両方味わってみると良いと思います。

お土産にも嬉しい賞味期限の長さ

さらに嬉しいのが生菓子でありながら、どちらも比較的日保ちのするお菓子であること。個包装のパッケージはしっかりと密閉状態になってる(小さなエージレス入り)こともあり、くろ玉は製造から21日間、キャラ玉で14日間の消費期限となっています。

f:id:OKP:20171101095136j:plain

これならお土産用途にも有り難いですし、しばらく保存しておけるので急な来客時のお菓子にも良さそうですね。

f:id:OKP:20171030150103j:plainf:id:OKP:20171030150101j:plain
くろ玉(左)とキャラ玉(右)の10個入りパッケージ

今回は澤田屋さんのご厚意で頂いたものですが、感想は好きに書いて貰っていいよと言われてますので過剰に褒めている訳でもありません。
実際に食べてみて本当に美味しかったですし、個包装で日保ちするお菓子なので、しばらくお茶菓子として楽しめるのが素直に嬉しい(笑)

f:id:OKP:20171123231225j:plain

何気に山梨に行ったときのお土産って悩むことが多くて、自宅用なら果物や野菜、野沢菜(長野っぽいけど)などが我が家は定番ですが、職場などで配るお土産は迷った末に無難な信玄餅を選ぶことが多かったのです。いえ、信玄餅も美味しいですけどね(笑)

f:id:OKP:20171031182038j:plainf:id:OKP:20171031173755j:plain
「渓谷の紅葉を菓子の色で見立ててみました」なんて…

これからは積極的お土産に選ぶことができますし、ホームページを見ると詰め合わせの個数も4個からとバリエーションが豊富。必要な個数になるように組み合わせて、買うことができるのも色々と助かりますね。
取扱店舗の確認や、通販での菓子購入は澤田屋さんのホームページから直接どうぞ。

山梨の観光関連記事など

*1:山梨県北杜市明野町のブランド野菜とのこと