I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

オリンパスの2倍テレコンMC-20でM. 40-150mm PROが新たなレンズとして蘇る! 超望遠マクロに軽量ロクゴーロク


スポンサーリンク

先週、6月28日にオリンパスから発売になったテレコンバーターレンズ「M.ZUIKO DIGITAL 2x Teleconverter MC-20」を購入しました。早速、その日のうちに試し撮りをしてきたので、ファーストインプレッションと作例もろもろのレポートになります。

f:id:OKP:20190701010807j:plain

※2019年7月1日:記事後半に作例を追加しました(多摩動物公園)

OKPA1751.jpg

2倍テレコンバーター:M.ZUIKO DIGITAL 2x Teleconverter MC-20

MC-20はマスターレンズのリア(後玉)側に取り付けることで、焦点距離を2倍に伸ばすテレコンバーターレンズ。倍率1.4倍のMC-14は以前より販売されていましたが(M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROと同時発売)、それに続くアイテムとなります。

f:id:OKP:20190701010819j:plain

MC-14と並べてみると全長が約1cm長くなりました。重量差はMC-14の105gに対して、MC-20は150gと45g増になります。ただしどちらも元々の重量がそれ程でもないので、マスターレンズに付けてしまえばサイズ差、重量差は誤差の範囲で殆ど気にならないレベルでしょう。

f:id:OKP:20190701010815j:plain

MC-20のマスターレンズ装着側はMC-14同様にちょっとした突起状になっていて、この部分が収まる“ごく一部”のレンズにしか着用できないようになっています。

f:id:OKP:20190701010803j:plain

具体的な対応レンズは以下の3本ですが、150-400mm PROはまだ開発発表されただけの段階なので、実質40-15mm F2.8と300mm F4の2本だけです。

  • M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO(未発売:開発発表済)
マスターレンズ+MC-20 焦点距離 最大撮影倍率 重量
M. 40-150mm PRO+MC-20 80-300mm(160-600mm相当) 0.48倍(0.96倍相当) 910g
M. 300mm PRO+MC-20 600mm(1200mm相当) 0.42倍(0.84倍相当) 1420g

私はM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROユーザーなので、もちろん取り付けるのはこのレンズです。ちなみにMC-20を装着することでマスターレンズの絞り値は2段(2EV)下がることになるので、M. 40-150mm PROは焦点距離80-300mm、開放絞りF5.6の超望遠ズームレンズとなります。35mm換算だと160-600mm相当に、所謂サンニッパがロクゴーロクに生まれ変わるようなもので、これはかなりのインパクトです!(しかも重量は合計910gと1kgを切る軽量さ)

f:id:OKP:20190701010750j:plain

また、80-300mmというズーム域はM. 12-100mm PROに繋がる画角となるため、M. 12-40mm PROとF2.8通しで繋げていたときとはまた違った望遠重視のシステムを組むことが可能となります。

さらにマスターレンズの最短撮影距離が変わらぬまま、焦点距離が倍になるので撮影倍率0.21倍のM. 40-150mm PROは0.42倍に、35mm換算だと0.84倍相当とほぼ等倍マクロに迫る超望遠マクロ撮影が可能となります。

手振れ補正効果は単体で使用した際よりも1段下がるようですね(公式サイトによると300mm F4.0でMC-14/20使用時)。シンクロ手ぶれ補正のない40-150mmでも同様でしょうか……?(実際に使ってみた感じでは、やはり焦点距離が倍になるのでブレやすくなっている気はします)

f:id:OKP:20190703124445j:plain
via: 製品特長 MC-20 2x Teleconverter | 関連アクセサリー | オリンパス

MC-20装着にはマスターレンズのファームアップが必要

当初、何も考えずに届いたばかりのMC-20をM. 40-150mm PROに取り付けてしまったのですが、レンズ側のファームアップを行うことを忘れていて、カメラのエラーメッセージに怒られてしまいました。

f:id:OKP:20190701025112j:plainf:id:OKP:20190701010742j:plain

そう、MC-20を使うにはマスターレンズのファームウェアを最新にしておく必要があるのでした。

ファームアップをするには一旦MC-20を外した状態で、マスターレンズをボディ(今回はE-M1 MarkII)に装着し「オリンパスデジタルカメラアップデーター」を使ってレンズのファームアップを行います。M. 40-150mm PROの場合は「1.2→1.3」のファームアップが必要でした。

f:id:OKP:20190701010828j:plain

これで、今度こそMC-20が使えるようになりました。まだ手元にMC-20がなくて購入を検討している方は、今のうちにレンズのファームアップを済ませておけば、後で焦ることなくすみます。

f:id:OKP:20190701010746j:plain

M. 40-150mm PRO+MC-20実写編

メーカーからもマスターレンズの光学性能を活かした描写性能を持つと強くアピールされたこのテレコンバーター、実際に使ってその実力を一旦を見ていくことにしましょう。

ノートリミング作例:花・虫

まずは主に超望遠マクロになりますが、望遠端300mm側を使った写真になります。そろそろシーズン終わりのアジサイのしべ部分をズームにて。確かにこれはマクロ要らずの倍率です。

OKPA0118.jpg

300mmの焦点距離ですから背景は完全に溶けています。

OKPA0120.jpg
OKPA0918.jpg

前ボケも綺麗ですね。

OKPA0922.jpg
OKPA0932.jpg

ハナムグリの体毛も見事に描写しています。しかしやはり600mm相当ともなると手振れ補正が協力なE-M1 MarkIIを使っていても、油断すると手振れとの戦いになります。マクロ域なのでピントもかなり浅くなっていますし……。

OKPA0133.jpg

気になるAFですがテレコン装着前と遜色ない速度でスムーズに動作します。被写体から離れた距離(1m程度)でのマクロ撮影なので、このようなミツバチの飛翔も結構簡単に撮れてしまいます。ファインダー内ではこのサイズのまま見えているので、AFも普通に決まります。

OKPA0209.jpg

作例なのでノートリミングの状態で掲載していますが、トリミングすればもっと大きなサイズで虫を切り出すことが可能ですね。

OKPA0227.jpg

AFは中央1点のS-AFとE-M1 Mark IIのV3から搭載された25点グループターゲットでのC-AFを切替ながら撮影しましたが、どちらもテレコンを使ったことによるAFの不安定さなどは感じることはありません。

OKPA0245.jpg

動かない被写体は光量さえあればもう余裕ですね。

OKPA0326.jpg
OKPA0333.jpg

池のアメンボにしても飛んで来たモンシロチョウにしても最短撮影距離ではありませんが、被写体に寄らずにこれが撮れてしまうのは、(MC-14使用で)最大420mm相当だった今までとは別世界。使い慣れたM. 40-150mm PROが完全に新しいレンズとして生まれ変わったような気分になります。

OKPA0507.jpg
OKPA0780.jpg

それにしてもこのMC-20の登場により、今まで使っていた1.4倍テレコンのMC-14は余程でないと出番がなくなってしまいそうですね(望遠が400mm相当まで欲しいけど、明るさは極力落としたくない…… みたいなケースでもなければ)。

トリミング作例:上谷戸大橋のチョウゲンボウ

続いて超望遠レンズを手に入れたら撮ってみたかった稲城市・上谷戸親水公園(上谷戸大橋)のチョウゲンボウ。鳩ぐらいのサイズですが(もう少し大きいかも)立派な猛禽類です。丁度、今の時期はチョウゲンボウの子育てシーズンなので、今年生まれたばかりの幼鳥を見ることができるかもしれません。

OKPA1361.jpg

上谷戸大橋のアーチ状の橋桁に営巣しているチョウゲンボウ、下から見上げると早速可愛らしい幼鳥が顔を覗かせていました。しかし巨大な橋なのでかなりの高さがあり、600mm相当でもかなりトリミングしてこのサイズ。

OKPA0077.jpg

感度もISO2000〜3200位まで上げないと被写体ブレさせないSSで撮ることはできません。

こちらは橋桁の穴から顔を見せている幼鳥。目が大きくてかわいいですねえ。

OKPA0949.jpg

高感度と暗所ノイズが出てしまっていますが、今までのレンズだったらこの姿は撮れませんでした。

OKPA0978.jpg

親鳥たちは近くの木に止まって狩りなどをするので、そのタイミングを狙って。やはりかなり距離があるので(50m以上)かなりトリミングしてなんとかこの画質。

OKPA1034.jpg

真剣に狙うならば800mm〜1000mm相当は欲しいかもしれませんね。

OKPA1082.jpg

と思ったら運良く近くに飛んで来て園内の手すりに止まってくれました。ここから飛び立つシーンは残念ながら上手く撮ることはできませんでした。

OKPA0864.jpg

こちらは恐らく兄弟の幼鳥。橋桁のコンクリートや鉄骨の間を飛び移ることはできるようですが、まだ外に出て飛び回ることはしないようです。

OKPA1312.jpg
OKPA1439.jpg

以上、チョウゲンボウの写真はそこまでMC-20の画質をアピールできるものではありませんが、600mm相当の超望遠域を手に入れたことでこれまで狙うことすら難しかった距離の被写体に一歩近づくことが可能となりました。

今の所MC-20を装着しての撮影しか行っていないので、マスターレンズのみとの画質差などは確認できていませんが、今回ほぼ全ての写真を開放のF5.6で撮っていましたが、描写力での不足を感じるものではありませんでした。これからの使用がとても楽しみなテレコンバーターです。

OKPA1612.jpg

このMC-20、予約発表の次点でかなりの予約が入ったようで発売前の時点で納期の遅延に関するアナウンスがありました。私は予約開始日にすぐ予約を入れたので、発売日に手に入れることができましたが、気になる方はなるべく早い段階での注文を入れた方がいいかもしれませんね。

ちなみに現時点の最安値はやはりオリンパスオンラインショップのプレミア会員(ポイント最大利用)価格のようで、他のネットショップよりも4000〜7000円程安くなるようです。

M. 40-150mm PRO+MC-20実写追記:多摩動物公園にて

チョウゲンボウの写真がトリミングばかり&画質も微妙なものばかりなので、もう少し普通な感じ(?)の作例を追加で撮ってきました。午後の多摩動物園、小雨交じりの空模様でかなり光量が頼りなかったですが、感度を上限ISO3200に設定して撮ってみました。ほぼ300mm側のノートリですが、一部少し引いた画角もあるので撮影情報(Exif)はFlickr側でご確認くださいませ。

* *

向こうから歩いてくるサーバルちゃんをC-AFにて。動体への反応もこれまでのE-M1 MarkII+M. 40-150mm PROと遜色ないレベルで追従してくれたように感じます。

OKPA1655.jpg
OKPA1702.jpg

冒頭にも1枚貼ってますがフラミンゴやペリカンの羽毛の描写はなかなかに精細ですね。

OKPA1820.jpg
OKPA1887.jpg

猛禽類はついアップで撮りたくなる顔をしています。

OKPA1969.jpg
OKPA1994.jpg
OKPA2022.jpg

ゾウ、キリン、サイ…… なんだか哀愁が。

OKPA1861.jpg
OKPA1904.jpg
OKPA2033.jpg

1枚目は今年生まれたばかりのアムールトラのショウヘイ。すっかり虎の顔つきでもう赤ちゃんという大きさではありませんね。

OKPA2052.jpg
OKPA2096.jpg

ショウヘイのガラス玉のような瞳をアップで。

OKPA2124.jpg

ユキヒョウを80mm側と300mm側にて。換算160-600mmって長すぎて持てあますかと思ってましたが、動物園で意外と使いやすい画角かもしれませんね。

OKPA2162.jpg
OKPA2155.jpg

後半、空が暗くなる一方でかなり感度が上がってしまいましたが、今のMFT機は高感度でもそこそこ頑張ってくれるので、なんとか撮り終えることができました(といってもISO2000以上は現像時に多少ノイズリダクションを掛けていますけども)。

OKPA2178.jpg
OKPA2212.jpg
OKPA2224.jpg
OKPA2307.jpg
OKPA2391.jpg

E-M1 MarkII+M. 40-150mm PRO+MC-20の携行ですが、マインドシフトギアの「アウトバウンドホルスター20」を使っています。MC-20で全長が少し伸びたこともあって、蓋のジッパーが最後までは閉まらないものの、なんとか収まってる(と言っていいのか?)感じです。

f:id:OKP:20190701210117j:plainf:id:OKP:20190701210113j:plain
f:id:OKP:20190701210108j:plain

関連のありそうな記事