I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

プランター菜園の自宅バジルで作るジェノベーゼパスタは香りがよくて最高です


スポンサーリンク

プランター菜園のバジルを使ったジェノベーゼパスタが美味しいという話(尚、レシピは適当)。

f:id:OKP:20190917155119j:plain

今年の夏から始めたプランター菜園のスイートバジル。ほぼ、室内の日当たりの良い窓際で育てていて、水やりのときぐらいベランダに半日程度出しているだけですが、虫が付くことも、枯れることもなく、ワサワサと香りの良い緑の葉を茂らせてくれています。

f:id:OKP:20190805160928j:plain

そんなスイートバジルの使い道としてガパオライス(ホーリーバジルの代用)は何度か記事にしていますが、まとめて大量のバジルを消費できるのがジェノベーゼパスタ。バジルをミキサー等でペーストにしたソース(ジェノベーゼソース)を絡めたパスタで、ジェノベーゼソースはバジルと松の実、ニンニク、パルミジャーノ等の粉チーズ、そしてオリーブオイルを加えてペーストにしたものが一般的のようです。

f:id:OKP:20190917155052j:plain

ジェノベーゼはネット上に様々なレシピ記事があるので分量や作り方の詳細は省きますが、最初にこの辺の動画などを見ておくと分かりやすいかも。私はかなり適当な目分量で作ってしまうのですが、毎回それなりに美味しく仕上がってるのでまあ結果オーライです。

ジェノベーゼ(パスタ)に使う材料(2人前):

  • バジルの葉:小型のフードプロセッサに一度に入りきる位(30〜40g?)
  • オリーブオイル:どぼどぼ
  • ニンニク:ひとかけ(あまり入れると生ニンニクの存在感が強くなりすぎるので控えめに)
  • パルミジャーノレッジャーノ:ゼスターグレーターで摺りおろす(なければ粉チーズ)
  • 松の実(なければナッツやクルミ等):適量
  • 塩・胡椒:入れたり入れなかったり
  • ジャガイモ、ベーコン:お好みで

f:id:OKP:20190917155127j:plainf:id:OKP:20190917155140j:plain

ジェノベーゼソース作りは小型のフードプロセッサを使います。ミキサーも持ってますが滅多に使いませんし、1〜2人前ならフードプロセッサで十分だと思います。

f:id:OKP:20190917155159j:plainf:id:OKP:20190917155100j:plain

バジルは熱を加え過ぎるとすぐにどす黒く変色するので、作ったジェノベーゼソースは冷蔵庫で冷やしておいたり、パスタに絡める際もなるべく手早く行うのがいいみたい。

f:id:OKP:20190917155104j:plain

なんならフードプロセッサやミキサーの本体も事前に冷やしておくといいそうですが、プラスチック製でどこまで効果があるかは分かりませんし、忘れたときは気にしません。

f:id:OKP:20190917160419j:plain
忘れていたので冷凍庫でフードプロセッサ急速冷蔵の図

松の実は美味しいけど結構高いので、ナッツ類(登山の行動食に使うので常備してる)を加えて誤魔化すこともあります。松の実は事前にから煎りしたものをフードプロセッサに投入します。

f:id:OKP:20190917155154j:plain

ミックスナッツのアーモンドが混ざると色の濃い粒々が目立ってしまうので要注意!?

f:id:OKP:20190917155203j:plain

パスタはなんとなく生パスタを使ってますが、別に普通の乾麺でもOK。松の実もミックスナッツもパスタも全てKALDIで買ったもの。なんならジェノベーゼソースだって売っていると思います。

f:id:OKP:20190917155056j:plain

完成したジェノベーゼには追いパルミジャーノ、お好みで軽く黒胡椒。最初に作ったとき、そのバジルの香りの高さに驚きました。味もなんというかフレッシュ!?でめっちゃおいしい(語彙力)。

f:id:OKP:20190917155123j:plain

カリカリにしたベーコンを添えると、適度に塩気がプラスされていい感じ。

f:id:OKP:20190917155135j:plain

さらに茹でジャガイモ(レンチンで時短)を加えるといい感じのかさ増しになります。Twitterで教えて貰ったのですが、ジェノベーゼソースとジャガイモの相性もなかなかです。

f:id:OKP:20190917155223j:plain

それにスープとサラダも付ければ、夕飯にも十分なボリュームですね。

f:id:OKP:20190917155233j:plain

ジェノベーゼパスタはたまに店で食べるぐらいで、市販のパスタソースも長らく使った記憶がないので比較はできないのですが、生バジルから作ったジェノベーゼソースはとにかく香りがよく、積み立て新鮮さを感じられる味わいもGOOD。
ジェノベーゼのためにわざわざ売ってるバジルを買ってくることはしませんが、自宅のバジルならば惜しみなく使えますし(?)、手軽に店っぽいパスタが食べられるのはかなり満足度が高いです。

ジェノベーゼソースを作る際には一度に結構な量の葉を摘み取るのですが、小さい葉や新芽を残しておけばしばらくすればすぐにワサワサになるので、ガパオライスで使い切れない量になってきたら、ジェノベーゼの時期です。

f:id:OKP:20190917155144j:plainf:id:OKP:20190917155149j:plain
ジェノベーゼ前と直後のバジル

あと、ちょっと気になったのはもっとも直近でジェノベーゼパスタを作った際、ちょっとバジルの味が苦いというか青臭さが増えたかな?と……。旬を過ぎたのか土の養分を使い切ってしまったのか……? プランターにはアンプル材の肥料は常に2本差しているのですが、もうそろそろ夏も終わりですしね。夏の初めから何度も楽しませて貰ったので、少しぐらい味が落ちてしまったのは仕方がないかなと。

f:id:OKP:20190917162200j:plain

バジルは日本の気候では1年草だそうですが、今シーズンあと何回ぐらいジェノベーゼが楽しめるのでしょうね……。

Microplane プレミアム ゼスターグレーター ブラック MP-0611

Microplane プレミアム ゼスターグレーター ブラック MP-0611

クイジナート フードプロセッサー ミニプレップ プロセッサー DLC1JW

クイジナート フードプロセッサー ミニプレップ プロセッサー DLC1JW

追記:本記事のブックマークページを見ていたら面白い記事に行き着きました。この本当の(?)ジェノベーゼ、めちゃくちゃ美味しそうですね。そのうちこちらにも挑戦してみたい。

関連のありそうな記事