I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

秋の立山登山:浄土山で雷鳥軍団と出会い、一ノ越からタンボ平・黒部平の紅葉に興奮した日帰り山旅


スポンサーリンク

10月11日の日曜日、秋の立山登山を楽しんできました。室堂から浄土山と竜王岳に登って、一ノ越から黒部平まで下りながら紅葉を楽しむハイキングです。

OKPB4168.jpg




秋の立山に行こう!

みんな大好き、北アルプスの立山。毎年足を運んでいる立山ですが、そういえば春の残雪期と初冬の積雪期の立山しか知らない我が家……。山の雪が解ける夏山シーズンや紅葉の立山にも行きたいと思いつつ、気がついたら今年ももう10月…… 既に11月の雪の立山は行く気満々ですが、今を逃したら無雪期の立山はまた半年以上先になってしまいます……。

OKPB4067.jpg

妻が月曜日に代休を取っていたこともあり日〜月曜の泊まりで立山行きを計画します。当初は立山縦走から剱沢キャンプ場にテントを貼って、秋の剣岳を(登らずに)見て来ようと思っていましたが、2020年の剱沢キャンプ場の営業が数日前に終了、さらに週末に掛けて台風14号の接近などもありなかなか最終決定が出ない状況……。

OKPA5900.jpg

他にも個人的に色々とあって少しトーンダウン気味になりつつ、それでも秋の立山には行っておきたいということで、雷鳥沢予定でテン泊の準備をしていたのですが前日になって計画を変更します。

立山 室堂平の紅葉については9月後半の連休頃にピークという話もありましたし(雷鳥沢キャンプ場の混雑ぶりも大きな話題になりました)、今はもう少し紅葉のピークも標高を下げて、ロープウェイ駅の黒部平(タンボ平)や富山側の弥陀ヶ原が見頃になっている頃かもしれません。

OKPB4534.jpg

天気予報では朝は晴れそうですが徐々に雲が出てくるという予報も。晴れているうちに一気に下る計画もありますが、せっかく立山まで行くのでまずは室堂を少し歩いて、浄土山(と竜王岳)を経由して一の越から黒部湖方面へ下る日帰り登山(主に下山?)の計画を立てました。

立山三山(浄土山・立山≒雄山・別山)の1つに数えられる浄土山(2831m)ですが、雄山〜別山の縦走路とは一ノ越の逆方向ということもあって、今までまだ登ったことがなかったので丁度いいかなと。

f:id:OKP:20201015152058j:plain
入りきってないけど中央の雄山・大汝山・富士ノ折立の両脇に別山と浄土山

ちなみに「立山」は「雄山・大汝山・富士ノ折立」の3つのピークを総称した山の名前で、「立山三山」の場合はこの3つを1つの山としてまとめてしまうので少々ややこしい? あとは室堂を含むこの一体をまとめて「立山」と呼んでしまうのもあるあるでしょうか(このブログで「立山」を使う場合もそれ)。

登山ルートと行動ログ

本来は室堂から真っ直ぐ一ノ越を目指すのが、タンボ平の紅葉を見るには一番早いルートです(今回は少し欲張りした寄り道ルート)。一ノ越からはひたすら緩い下り登山道ですが、東一ノ越から先は急斜面や一部不明瞭な細い道もあるので、トレッキングシューズなど基本的な登山装備は必須です(さすがに室堂周辺を散歩するのとは訳が違うので注意しましょう)。


扇沢始発バスは7時半、何時から並ぼう?

日曜の2時頃に東京を出発して暗いうちに扇沢の無料駐車場に到着。車の埋まりは7割り程度、11月に比べると流石に多いですが、紅葉シーズンの日曜日にしては思ったより空いてる印象。

OKPB3379.jpg

この時期のアルペンルート長野側のスタート口である扇沢の始発関電バスの時間は7時半。紅葉シーズンに入り始発が混雑するとも聞いていたので、早すぎとは思いつつも様子見がてら(トイレにも行きたかったし)5時半過ぎに扇沢駅に向かうと既にチケット売り場には10数人の行列ができていました。
ソーシャルディスタンス列もあって人数に対して列が伸びてしまうのですが、この日の予報を考えるとなるべく早い移動をしておくのが良さそうなのでそのまま並ぶことにします。

OKPB3388.jpg

周辺の山の紅葉具合を見たりしつつ始発40分前(つまり6時50分)のチケット販売を待ちますが、なかなかに暇。周辺の山の紅葉を撮ったり朝食を食べたり…… 結構温かい日ではありましたが、それでも冷えるので薄いダウンをソフトシェルに追加で羽織ります。

f:id:OKP:20201015151804j:plainf:id:OKP:20201015151827j:plain

1時間程で行列はこの島っぽいあたりで折り返しさらに伸び続けます。

f:id:OKP:20201015151822j:plain

アルペンルートスタッフの方が列の整理を始めた頃には「今から並んでも7時半の始発には乗れません(8時に乗れるかも微妙)」といったやり取りが聞こえてきました。マジか……(さすがに8時に乗れないは予防線だと思いたい)。

OKPB3427.jpg

チケットですが室堂からの下山コースを選ぶ場合、室堂までの片道でなく黒部ダムまでの関電バスの往復チケットを買った方が往復割引が聞いて、片道区間は別途買う方がお得とのこと。

OKPB3407.jpg

今回は帰りは黒部ダムまで下りずに黒部平からケーブルカーに乗ったので、扇沢〜黒部平の往復チケットを買うのが正解でしたが、それは結果のお話。

OKPB3409.jpg

秋のアルペンルート、先を急ぐ観光客とタンボ平の紅葉

7時半の始発関電バスでいざアルペンルート。

OKPB3436.jpg

黒部ダムを早足で渡る人たち。なんだかいつも以上に先を急ぐ人(登山客だけでなく軽装の観光客も)が多い気がします。

OKPB3468.jpg

黒部平の乗り換えでは、今が紅葉の見頃だと必死に呼びかけるアルペンルート(売店?)スタッフをガン無視して立山ロープウェイに急ぐ我々。って確かにタンボ平(黒部平と大観峰の間)の紅葉凄そう……。

OKPB3493.jpg

というかとんでもない! マジかこれ……。

OKPB3505.jpg

今日、この中を下りてくるんですよね……。

OKPB3527.jpg

黒部平から大観峰の手前までずっと見頃。これは確かに先を急がないならば、黒部平からじっくりこの紅葉を楽しんで行くのが正解かも。室堂まで行ってしまうと草紅葉や遠くの山肌の紅葉が中心になるので、派手な紅葉を見たいなら断然こちら。

OKPB3522.jpg

大観峰の乗り換えの際にちょっと展望台からパシャリ。すごすぎますね。

OKPB3535.jpg

扇沢の始発バススタート、全て一番早い便を乗り継いで、室堂に到着して準備をすませて外に出たのが8時50分。途中見頃の景色をかなぐり捨てれば9時前のスタートが可能です。でも、急がないなら黒部平や大観峰でもう少し紅葉を楽しんでも良いと思います(笑)

OKPB3548.jpg

まずは室堂散歩、ミクリガ池&ミドリガ池

まずは室堂を少しお散歩します。今まで雪の時期にしか来たことがない室堂、この石畳の歩道を目にするのも初めてです。

OKPB3563.jpg

やっぱり室堂に来たらミクリガ池を見ておかないと。

OKPA5567.jpg

別山の向こうには剣岳も見えています。立山の紅葉は草紅葉が中心で、ところどころに赤が入っている感じ。派手さはありませんが、渋くていいですねえ。

OKPB3579.jpg

定点写真。

OKPA5594.jpg

ミクリガ池周辺も草紅葉とハイマツの緑がいい感じ。

OKPB3606.jpg

別山。中央に付いてる登山道が雷鳥坂ですかね。無雪期の立山縦走、いずれまた!

OKPB3617.jpg

別山から真砂岳にかけて。草紅葉が多いのは別山側。

OKPB3625.jpg

エンマ台の展望台までやってきました。別山、剣御前、その向こうに剣岳、正面は雷鳥荘。

OKPB3636.jpg

地獄谷の向こうには格好いい奥大日岳。

OKPB3650.jpg

めちゃめちゃいい天気になってきました。

OKPA5610.jpg

この辺りでUターンしてミドリガ池側から浄土山を目指します。

OKPA5622.jpg

富山市方面は雲海の下。

OKPB3660.jpg

室堂平にはこんな池塘地帯もあったんですね。

OKPB3675.jpg

はあああ、気持ちいい。

OKPB3689.jpg
OKPB3691.jpg

ミドリガ池。水があるのは始めて見ました(みくりが池と繋がっているんですね)。

OKPB3694.jpg

雄山、というか通称立山。山崎カールの草紅葉が見事!

OKPB3704.jpg
OKPB3710.jpg

雄山から別山までの縦走路。

OKPA5655.jpg

正面の山小屋が立山室堂山荘。右手に浄土山、左が雄山、中央の鞍部が一ノ越。この天気のまま先程の紅葉を目指すならば真っ直ぐ一ノ越を目指すのが正解……

OKPA5648.jpg

ですが、今回は浄土山を目指します。

OKPB3712.jpg

室堂山から浄土山へ

右手の小高い丘が室堂山。去年、一昨年と11月に来ています(室堂平や五色ヶ原方面がよく見える)。

OKPA5680.jpg

室堂山展望台まではスニーカーで歩けそうなよく整備されたハイキングコース。

OKPA5687.jpg

緩やかに標高を上げていくと後方には室堂平の草紅葉、それを取り囲む立山連峰の山が一望できます。

OKPA5702.jpg

すぐに室堂ターミナルも見下ろせる高さになります。

OKPB3732.jpg

左手に伸びている斜面が浄土山です。

OKPB3752.jpg

平べったいような険しいような面白い山の形。

OKPB3758.jpg

剣岳の向こう、雲海に浮かぶ島のような山はなんだろう?

OKPB3763.jpg

ここから浄土山登山口。

OKPB3771.jpg

大きな岩がゴロゴロとしている登山道を登って行きます。

OKPB3800.jpg

雲海に浮かぶのは白山かな?

OKPB3808.jpg

右の中央手前に室堂山展望台。中央奥の台地が五色ヶ原、さらに薬師岳方面への稜線、奥には笠ヶ岳も見えています。

OKPB3814.jpg

ちょっと手の力も借りながら登るような登山道。スニーカーだと厳しいのでしっかり登山装備で。

OKPA5752.jpg

大日岳の向こうに見事な雲海。

OKPB3835.jpg

こちらは西側。雲海が凄いことになっています。あの下は曇りお天気だと思うと面白い。

OKPB3837.jpg

険しいようで登りは20分程度とあっという間の浄土山。

OKPB3843.jpg
OKPA5761.jpg

浄土山山頂は北峰と南峰があって、どちらにも分かりやすい山頂標識がないのですが、「軍人霊碑」の石積みが残るのが浄土山北峰ということになっているようです。実際はここから南峰に向かう登山道から少し外れた地点のようですが、細かいことはいいでしょう。

OKPB3846.jpg
OKPA5771.jpg
OKPB3850.jpg
OKPB3856.jpg

恐らく右手の小山が北峰の最高地点(2831m)、中央が南峰です。南峰に重なって尖って見えているのは、竜王岳の山頂。

OKPB3863.jpg

浄土山で雷鳥軍団に二度遭遇

そして北峰に向かう途中で雷鳥が登山道に姿を見せました。いきなり目の前に待ち構えるように……。

OKPB3875.jpg

下の写真の中に4羽いるのが分かるでしょうか(左手前・右中央の丸太の上に2羽、右奥の岩の手前に1羽)。全体的に体が小さめなので今年生まれた若鳥たちでしょうか? 全てメスの群れだと思いますが上から2番めはオスにも見えるかも……?

OKPB3894.jpg

この子はメスですよね。雷鳥のチャームポイントの1つが足のモフモフぶり。

OKPB3907.jpg

立山を見ている雷鳥。

OKPB3943.jpg

両方メスですよね。

OKPB3947.jpg
OKPB3955.jpg

剣岳。別山の南峰と北峰が見えてます。

OKPB3957.jpg

雄山。手前の鞍部が一ノ越。

OKPB3960.jpg

浄土山の北峰から南峰にかけての稜線。

OKPB3963.jpg

槍ヶ岳が見えました。穂高も少し見えてる?

OKPB3965.jpg

北峰南峰間の身近な稜線もなかなかの絶景。

OKPA5795.jpg
OKPB3972.jpg

南峰に向かって進んで行くと……

OKPB3981.jpg

またまた雷鳥軍団が現れました! 今回も4羽、先程よりは少し体が大きいように見えます。

OKPB4009.jpg

やっぱりメスの群れかな?

OKPB4019.jpg

相変わらず立山の雷鳥は人を怖がらないというか。なんなら真っ直ぐこちらに向かって来る。

OKPB4015.jpg
OKPB4016.jpg

4羽が並んだ! 奥の2羽はオスっぽいかなぁ…… うーん、秋の羽根の色は少し分かりづらい。

OKPB4033.jpg

雄山をバックに見返り美人。いいポーズ撮ってくれますね。

OKPB4004.jpg

あなたは登山道に出てきて突然なんのアピール!?

OKPB4045.jpg

池塘の水を飲んでいましたが、水場だったりするのでしょうか?

OKPB4055.jpg

んー、やっぱ全部メス? 若いオス? もう分からなくなってきた……。注目は足です。

OKPB4076.jpg

浄土山南峰から360度絶景の竜王岳へ

浄土山南峰(2830m)の富山大学立山研究所。山小屋ではありません。

OKPA5805.jpg

南峰にも特に標識はなく、一ノ越方面、五色ヶ原方面の分岐を示す指示標識があるのみ。

OKPB4096.jpg

五色ヶ原方面の登山道の横のあるピークが竜王岳。山と高原地図では(YAMAPでも)登山道の表示がありませんが、見ての通りしっかり道は付いてます。

OKPB4105.jpg

一般登山道として表示しない理由などあるのでしょうかね。管理の問題だったり……。

OKPB4124.jpg

サクサクと登って竜王岳山頂(2872m)。手作りっぽい山頂標識は公式のものではなさそうですね。

OKPB4140.jpg

さて、この竜王岳の山頂ですがかなり展望が良いです。そんなに広くない上に山頂部が尖っているので360度の展望が良いのも当たり前ですが、ここまでの周囲が開けた展望スポットは立山にもなかなかないのでは!?

OKPB4142.jpg

雲海の上おじさん。

OKPB4161.jpg

浄土山から一ノ越を経て、雄山〜別山へ続く立山稜線、もちろん剣岳も見えています。

OKPA5815.jpg

南東側は紅葉が見事な御山谷の向こうに黒部湖、その向こうに後立山連峰。針ノ木岳はどれだろう。

OKPA5818.jpg

それにしても凄い紅葉! 左側に付いてるトラバース道がこの後歩く、一ノ越からの下山道。中央左手あたりの山が東一ノ越で、大観峰やタンボ平、黒部平はその向こうになります。

OKPB4172.jpg

南側は竜王岳に続いて、鬼岳、獅子岳と勇ましい名前の山が続く稜線。その向こうに五色ヶ原、北アルプス南部までよく見えています。

OKPA5822.jpg
OKPB4196.jpg

さらに視界を西〜北へとズラせるとひたすらの雲海。紅葉、雷鳥、雲海…… 見たいものが全て見られる立山!

OKPA5832.jpg
OKPB4234.jpg
OKPB4231.jpg
OKPB4226.jpg

広角で浄土山から雄山方面、

OKPA5826.jpg
OKPA5824.jpg

バリエーションルートの東尾根を登ってくる2人。続いてソロの方も上がってきました。

OKPA5830.jpg
OKPB4213.jpg

とにかく展望が良いのでいくら居ても飽きませんが、そろそろ下らないと……。

OKPB4237.jpg

名残惜しいですが浄土山南峰に下りてきました。

OKPA5863.jpg

それでは次の目的である紅葉下山へ!

OKPB4252.jpg

浄土山を一ノ越へ

まずは一ノ越までの下山。

OKPA5872.jpg

こちらもなかなかの絶景続き。

OKPB4268.jpg

竜王岳、北側から見ると尖っていますが、東尾根は長く伸びています。

OKPA5889.jpg

雷鳥沢キャンプ場は日曜日だからかかなりガラガラ。

OKPB4287.jpg
OKPB4295.jpg

浄土山の一ノ越側は緩やかなせいか、軽装ハイキング風の人が増えてきます(雄山とセットで登っているのかも?)。

OKPB4300.jpg

よく見たら雄山の登山道はなかなかの人。一度夏山シーズンの雄山にも登りたいですが、結構浮石の多いルートな割に人が多いので落石とか恐いですね(上り下りでルートを分けているようですが)。

OKPB4323.jpg

室堂平と雲海。

OKPB4334.jpg

浄土山。

OKPB4337.jpg

一ノ越山荘まで下りてきました。ここでトイレをすませておきましょう。

OKPB4344.jpg

一ノ越から東一ノ越へ紅葉下山スタート

いざ、東一ノ越へ。

OKPB4365.jpg

しばらくは御山谷の緩やかなトラバース。

OKPA5927.jpg

槍。

OKPB4383.jpg

徐々に紅葉が鮮やかになってきます。

OKPB4412.jpg
OKPB4415.jpg

右から竜王岳、鬼岳、獅子岳でしょうか。

OKPA5966.jpg

ガレ場の中にポツンと紅葉。このオレンジはナナカマド?

OKPB4429.jpg
OKPB4430.jpg

そして見事な紅葉が足元に広がっています。

OKPA5971.jpg
OKPB4443.jpg

これだけの紅葉コースですが我々以外には誰一人いません。恐らく、ここ歩く人は午前中のうちに一ノ越をスタートしているのでしょう。我々はちょっと寄り道が多すぎたか?(笑)

OKPB4451.jpg

しかしこれはたまらん。

OKPB4457.jpg

東一ノ越から雷殿は通行止め。なんのこっちゃ?と思ったら、大観峰から室堂へのトロリーバスには「雷殿」なる途中駅かつてあったそうです(1998年頃までは使われていて、タンボ平への下山口としても使えたみたい。登山道の崩壊により使用が休止され、現在は完全に廃止されているそう)。

OKPB4464.jpg

東一ノ越で、御山谷(右側)からいよいよタンボ沢(左側)に入ります。ここで初めて先客に遭遇。タイムラプスっぽいカメラがセットされていたので撮影をされてる方かもしれません。

OKPB4475.jpg

タンボ平(沢)の紅葉の全貌がようやく目の前に広がります。大観峰の駅も見えています。黒部平には雲海が掛かっています。

OKPB4477.jpg

雲海の中にかすかに黒部平の駅が見えてますが、このままだと雲に飲まれてしまいそう……?

OKPB4487.jpg

紅葉ピークは大観峰の駅周辺よりも下でしょうか。大観峰が標高2316mなので、それより上はほぼ森林限界で草紅葉が中心になるのかも。

OKPA6000.jpg

それにしても凄い場所にありますよね、大観峰。一体どうやって作ったのだろう…… 室堂からトンネル経由の資材運搬でしょうか?

OKPB4492.jpg
OKPB4500.jpg

最後に御山谷をもう一度。

OKPB4506.jpg

正面が雄山、左に竜王岳。

OKPA6026.jpg

東一ノ越からしばらくは少し急な下り。

OKPB4525.jpg

午後ということで北東斜面にには雄山の影が差しています。早くあの中に行きたい!

OKPB4527.jpg
OKPB4536.jpg
OKPA6039.jpg

いよいよ紅葉本番エリアに突入ですが、足元から上がってくる雲海がやや不穏……。

OKPB4549.jpg
OKPB4553.jpg
OKPB4565.jpg

立山を振り返るとまだ青空ですが……。

OKPB4576.jpg
OKPB4588.jpg

ガスに包まれたタンボ平

ガスが上がってきている……

OKPB4589.jpg
OKPA6073.jpg

ああああ、、、、、

OKPB4595.jpg
OKPB4598.jpg

やられた(笑)

OKPB4616.jpg

完全に雲海に飲み込まれてしまいました。紅葉メインのタンボ平の手前で…… まあ、あれだけ寄り道して楽しんだのだから仕方ない。天気が崩れるのは覚悟の上でしたが、まさかこのタイミングとは。

OKPA6093.jpg

ここからは虚無の紅葉ハイク。それでも視界に入る紅葉は見事な色付き具合。

OKPA6098.jpg
OKPA6100.jpg

何度か涸れ沢を渡りますが、迷い易いポイントなのかかなり目印が強め。

OKPB4641.jpg

ハシゴというか手すり?

OKPA6107.jpg

笹薮の濃いコースだったりします。

OKPB4643.jpg
OKPB4649.jpg

ガスの中にロープウェイが見えました。ということはこの辺りがタンボ平のメインでしょうか。標高的には大観峰と黒部平の中間あたり。

OKPB4678.jpg

確かに少し開けた場所に出るを周囲の紅葉が凄い…… どうやら雲の下に抜けたっぽい?

OKPB4694.jpg

足元の黒部湖方面にも雲、ガスとガスの合間?

OKPB4720.jpg

大観峰の駅は完全に雲の中。東一ノ越から見ていたときよりも雲海の高さがかなり上がったようです。

OKPB4782.jpg

ガスの中から現れガスの中に消えて行くロープウェイ。これはこれで雰囲気がある!?

OKPB4708.jpg
OKPB4789.jpg

黒部平の駅も見えてきました。

OKPB4810.jpg

当初の計画では黒部湖まで下りる予定でしたが、思いの外時間を使ってしまったのと(雷鳥と紅葉と絶景が……)、結構足が疲れていたので黒部平駅で切り上げることにします。

OKPB4833.jpg

この見事な紅葉、青空の元で見たかった気もしますが、その分浄土山・竜王岳の絶景を楽しんだので仕方がありません。また来年以降のお楽しみということにしましょう。

OKPB4841.jpg

黒部平に到着。

OKPA6139.jpg
OKPB4861.jpg

紅葉を見るだけならここからでも十分楽しめますし、無理のない範囲でタンボ平のハイキングも楽しめることでしょう。

OKPB4855.jpg

本当は黒部平で軽食を食べたかったのですが(いつもいい匂いの蕎麦が気になっていた)現在は食堂の営業はしてないようです。大観峰の売店も閉めていますし、これもコロナ禍による影響でしょうか。




再びアルペンルートで扇沢へ、ファミレス下山飯

ケーブルカーに乗って黒部ダムへ。

OKPB4885.jpg

黒部湖、かなり減水していますよね。

OKPB4884.jpg

見たことがないダムのコンクリートが見えていたり、謎の水の吐き出し(破砕帯の水でしょうか)から人工に滝になっていたり……。とんでもないところに流木(切り株)が引っかかっています。

f:id:OKP:20201015151859j:plainf:id:OKP:20201015151913j:plain
OKPB4893.jpg

それにしても結構な水量。湖の中に沈んでいる際も同様に流れているのでしょうか?

OKPB4901.jpg

たまにには黒部ダムも見ておきましょうか。観光放水もそろそろラスト(10/15までだそう)。

OKPA6165.jpg
OKPB4918.jpg

室堂に戻ってきました。朝5時半から並び初めて16時50分、スタートから12時間弱ですがなかなか中身の濃いアルペンルート&紅葉登山(下山)でした。

OKPB4941.jpg

前日寝ていないので駐車場で仮眠をしていたらあっという間に19時過ぎ……。慌てて大町の薬師の湯へ、この時間ともなるとガラガラでのんびり温泉に浸かってから、安曇野インター前のロイヤルホストに移動して夕飯。久々のファミレス飯でしたが、美味しいですよねロイヤルホスト。

f:id:OKP:20201015151935j:plainf:id:OKP:20201015151939j:plain
f:id:OKP:20201015151945j:plainf:id:OKP:20201015151949j:plain

しっかり仮眠したので帰りのドライブはスムーズで1時過ぎに帰着。丁度出発から24時間が経っていました。日帰り立山旅行(登山)、ちょっと勿体ない気もしてしましたが案外アリかもしれません。

次は去年、一昨年と行ってハマってしまった11月の雪の立山に今年も行けたらなと。今回浄土山に登ったのも11月に登ってみたかったのでそのコース確認も含めてでした。昨年は雄山と室堂展望台に行ったものの雷鳥には会えなかったので、今年は白い雷鳥に会えることを期待しつつ、1ヶ月後の立山を楽しみにしています。

おすすめの立山記事


山と高原地図 剱・立山 (山と高原地図 37)

山と高原地図 剱・立山 (山と高原地図 37)

  • 発売日: 2020/03/16
  • メディア: 地図
パークガイド立山・黒部(中部山岳国立公園)

パークガイド立山・黒部(中部山岳国立公園)

  • 作者:自然公園財団
  • 発売日: 2019/07/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)