I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

エベレスト街道最後の街ゴラクシェプから遂にエベレストベースキャンプ到達!【エベレスト街道トレッキング⑥】


スポンサーリンク

エベレスト街道8日目(4月3日)、遂にエベレスト街道の最終地点である「エベレストベースキャンプ(EBC)」に辿り着きます。巨大な氷河に囲まれたエベレスト登山の拠点とは一体どのような所なのでしょうか……。

M12A4255.jpg

この日は標高4910mのロブチェからエベレスト街道最後の街「ゴラクシェプ」(5125m)を目指し、一旦ロッジにチェックインした後エベレストベースキャンプをピストンします。

前回の記事

ロブチェからゴラクシェプを目指す

朝のロブチェ、ロッジの部屋から見えた景色です。正面に見えているのは標高8000mに迫る高峰ヌプツェ。

M12A3749.jpg

まずは温かい紅茶を飲み……

M12A3759.jpg

シェルパシチューで体を温めます。このロッジのシェルパシチューも非常に美味しかった。朝のロッジはストーブが入ってないので、標高が高くなるとかなり冷え込みます。パンケーキなどはすぐに冷めてしまいますし、水分補給の観点からも温かい汁物が正解かもしれません。

M12A3763.jpg

「シェルパロッジ」いい宿だったので帰りもここに泊まろうと思います。

M12A1680.jpg

それでは出発。クーンブの山々に囲まれたロブチェ、朝の空気は非常にクリア。

M12A3764.jpg

ロブチェの裏に見えているのは標高6119mの「ロブチェピーク」。トレッキングの延長で登れる山として人気で(クライミング要素がないという意味、普通に雪山です)、日本からのツアーなどもあるようです。

M12A3772.jpg

朝一はハードシェルを羽織る程度には肌寒い。空気が乾燥しているのと、風が出ると砂やヤクの糞が乗った埃が飛んでくるのでマスクやバフの類は必須アイテムです(それでも喉をやられてしまいました)。

P4030092.jpg

まずはモレーン沿いに標高差200m程の道を3時間弱歩いて、標高5125mの村「ゴラクシェプ」を目指します。5000mを越えて泊まると高山病のリスクは高まるようですが(その場合、ロブチェやトゥクラまで下りて出直す)、幸い我々は高度順応も上手く行ってると判断し、ゴラクシェプに1泊以上宿泊。天候のタイミングを見つつ「カラパタール」と「エベレストベースキャンプ」を訪れる計画にしました。

M12A3769.jpg

前日の後半と同様にモレーン沿いの緩やかな道に、丘を登る軽い急登が何度か登場します。

M12A1689.jpg

正面左から「プモリ」(7165m)、「リングトレン」(6949m)、「クンブツェ」(6665m)。稜線の向こうはもうチベットです。そしてこの稜線を東(右手側)に伸ばすとエベレスト、ローツェに繋がります。

M12A3784.jpg

寒がりな妻はダウンジャケットを着てのスタート。なんだかザックが私より大きく見えるんですよね……。

M12A3795.jpg

リングトレンの包丁で切り落としたような強烈な岩壁(雪壁)。

M12A3797.jpg

ピラミッド状の観測施設「Italian Research Center」への分岐。帰りに見に行けば良かったかな……。

M12A3802.jpg
M12A3804.jpg

ご覧の通り、周囲にヤクたちの食べる草は何も生えてないので、荷物を運び終えたヤクはすぐ下ろすしかありません(と「神々の山嶺」で読みました)。

M12A3814.jpg

荒涼としたクーンブ氷河沿いのモレーン。周囲の山はただひたすらに力強く美しい。

M12A3821.jpg
M12A3827.jpg

何度か登場する急登。それぞれの距離は短いものの、5000mの標高にともなると、ザックを背負って斜面を登るだけでもかなり息が切れます。

M12A3836.jpg
M12A3843.jpg

ポーターの荷物は相変わらずのサイズ。本当に超人たち。

M12A3838.jpg

迫力のクーンブ氷河に圧倒される

急登を登っていくと今まで真横を歩いていても直接は見えていなかった、クーンブ氷河の全容が徐々に見えてきました。

M12A1712.jpg

エベレストの西峰にあたるヌプツェ(7861m)からのど迫力雪煙。

M12A3892.jpg

鋭角に尖った山はプモリ。この山もカッコいいですねえ。

M12A3852.jpg
M12A1724.jpg
M12A3859.jpg

氷河の様子がよりハッキリ見えてきました。表面は砂に覆われていますが、バックリと口を開けたクレバスから薄いブルーの氷が顔を覗かせています。

M12A3877.jpg
M12A3890.jpg

スイスアルプスで見た雪を纏った氷の川のような氷河とも違い、砂に覆われた一帯が一皮剥くと全て氷という壮絶な光景です。

M12A3889.jpg
M12A3906.jpg

プモリの手前に黒っぽい丘が見えてきました。あれが「カラパタール」、確かに名前の通りだ。

M12A1737.jpg

氷河とカラパタールの間をエベレスト街道が走っていて、どんつきに見える氷河の巨大な塊がある場所がEBCです。

M12A3915.jpg

氷河、氷河、ただひたすらに氷河……

M12A3912.jpg
M12A3922.jpg
M12A3925.jpg
M12A3927.jpg
M12A3929.jpg
M12A3930.jpg
M12A3982.jpg

さらに小さな丘をいくつか越えて……

M12A3934.jpg
M12A3943.jpg
M12A3951.jpg
M12A3960.jpg

最後の村「ゴラクシェプ」が見えてきました。

M12A1780.jpg

エベレスト街道最後の村「ゴラクシェプ」

ゴラクシェプはカラパタールの麓とクーンブ氷河の間、ロッジが数軒集まった小さな村です。

M12A3981.jpg

ロッジの軒数は少ないですが、比較的規模の大きなロッジが集まっています。

M12A3994.jpg
M12A3997.jpg
M12A4008.jpg
M12A4020.jpg

最初に入ったこちらのロッジはなんとなく雰囲気が合わずにスルー。

M12A1792.jpg

結局こちらの「ブッダロッジ&レストラン」にチェックインしました。

M12A4014.jpg

このブッダロッジ、フロントを仕切ってるお兄ちゃんが、ヒップホップ風(?)なノリで軽い感じなのですが(スタッフも全体的に若くて服ダボダボめなスタイル)、客対応は的確で居心地が良いです。
日当たりの良い出窓がある部屋だったので、日中のバッテリー充電もなかなか捗りました。

f:id:OKP:20190522161330j:plain

ブッダロッジの看板犬。ちょっと後ろ足が悪いみたい。ちなみに彼が座っているのは、干したヤクの糞の上だと思う(カラカラに乾いて臭いもしません)。

M12A4015.jpg

さて、お天気は悪くないものの既に山には雲が掛かっていますし、カラパタールに登ってもエベレストが見えるかは分かりません(後から分かるけど、10分も登ればかなり見えたはず)。それならば先にEBCを目指し、晴れ予報の出ている翌日の朝にカラパタールに登ることにします。

M12A1797.jpg

カラパタールの脇を抜けて「エベレストベースキャンプ」へ

カラパタールの斜面に付いている登山道。中央の三角が頂上のように見えますが、実はもっと右側の奥にあります。夜から登り始める場合、エントリーポイントだけは明るいうちに確認しておきましょう。

M12A4017.jpg

カラパタールの脇を通り過ぎていざエベレストBCへ。

M12A4024.jpg
M12A4026.jpg

荷物はアタックザックのみなので足取りは軽いです。

M12A4032.jpg
M12A1805.jpg

ゴラクシェプからEBCまではやはり標高差200m、時間にして2時間弱といったところ。

M12A4035.jpg
M12A4037.jpg

進行方向右手にずっとヌプツェと氷河が見えていてそれはもう絶景です(語彙力……)。

M12A1806.jpg
M12A4059.jpg

EBCに物資を運ぶヤクたちはかなり頭数の多い列になっているので、すれ違いは安全な所に避けてじっくり待ちます。

M12A4069.jpg

氷河の先にカール状の地形が見えて来ました。

M12A4080.jpg

巨大な氷河上のテント村「エベレストベースキャンプ」

氷河の上や周囲に目を凝らすと数々のテントが見えます。あれがエベレスト登山の拠点となる「エベレストベースキャンプ」です。

M12A4112.jpg
M12A4106.jpg

ここから氷河は右手方向に大きくカーブして、ヌプツェの向こうへと伸びています。

M12A4119.jpg
M12A4117.jpg

その強烈な氷河の斜面が所謂「アイスフォール帯」。エベレスト山頂を目指す登山隊が必ず通らなくてはいけない見るからに危険地帯です。

M12A4128.jpg
M12A4129.jpg

荷揚げを終えたヤクたちが次々に戻ってきます。ご苦労様。

M12A1837.jpg
M12A4170.jpg
M12A4121.jpg

ヌプツェ……

M12A4131.jpg
M12A4134.jpg

一歩ずつベースキャンプへと近づいていきます。

M12A4163.jpg
M12A1849.jpg

丁度これから春のエベレストシーズンという時期なので、テント村はまだ控えめかも?(入れ違いで戻る最中に、エベレスト登山隊とはかなりすれ違っています)

M12A4171.jpg

設営中の大型テントも見えています。

M12A4180.jpg

しかし本当に氷河の上にテントを建てているのですね。

M12A4182.jpg

まだまだヤクは戻ってくるよ。ヤクは人間には突っ込んでこないものの、青いタンクの幅は考慮しないコース取りをするので、油断するとはね飛ばされます。谷側は一発ジエンドなので注意しましょう。

M12A4189.jpg
M12A4191.jpg
M12A4192.jpg

凍り付いた氷河湖?

M12A1859.jpg
M12A4197.jpg
M12A4207.jpg

ちょっと涸沢カールっぽいですかね?

M12A1864-2.jpg

大量のタルチョが飾られたエベレストベースキャンプの入口に到着しました。ここがエベレストベースキャンプ街道トレッカーの終着点です!

M12A4211.jpg

エベレスト街道トレッキングとしては最終地点なのでもちろん充実感はあるのですが、我々にとってはやはりカラパタールが目標なので、旅はまだクライマックス直前の気分。そもそも全体の行程としてはまだ半分でしかなく(残り50km以上はあります)、ルクラに戻るまでは気が抜けません。

M12A4232.jpg

それでもやはり自分の足でこの地に立てたことは、本当に嬉しいのですけども!

魚眼レンズを使って(広角に補正しています)妻とツーショット自撮り。このためにナムチェでふざけた帽子「YAK YAK YAK」を買っておいたのでした。風が冷たいので、バラクラバを付けています。

M12A1886.jpg

しばしエベレストBCの様子をご覧ください。

M12A1898.jpg
M12A1904.jpg
M12A4264.jpg
M12A4265.jpg
M12A4272.jpg
M12A4262.jpg
M12A4277.jpg
M12A4280.jpg

テントサイトのすぐ横まで行くこともできるのですが、やはりこれから命懸けでエベレストを目指す人達のための場所のような気がして、トレッカーの我々は遠慮しておきました。

再びゴラクシェプへ

それでは名残惜しいですが、ゴラクシェプに戻りましょう。

M12A1932.jpg
M12A4307.jpg
M12A4323.jpg
M12A4325.jpg

馬が走ってる。馬も高度順応するんですね……。

M12A4337.jpg
M12A4338.jpg

明日はこちら、頑張りましょう。

M12A4346.jpg

標高5000mでも犬たちはのんびり生きてます。

M12A4353.jpg
M12A4372.jpg
M12A4375.jpg

実はこの写真にエベレストが写っているのですが、それに気付くのは翌日以降のこと。次回の記事を見ると分かります(多分)。

M12A4354.jpg

ロッジでフライドポテトを頼んだら予想外のが出てきた……。まあこれはこれで美味しいのでいいか。

M12A4356.jpg

ブッダロッジのメニュー。最後の街にしては驚くぐらいにメニューが豊富です。

M12A4361.jpg
M12A4358.jpg
M12A4359.jpg
M12A4360.jpg

夕方、かなり雲が掛かってしまいましたが、これはこれでカッコいいヌプツェ。

M12A4366.jpg
P4030123.jpg

プモリも雲に隠れてしまったので、手前のカラパタールがよく見えます。

M12A4367.jpg

そして日没。

M12A4390.jpg

日が沈むとわんちゃんもロッジのレストランへ……。

M12A4396.jpg
M12A4397.jpg

標高5125mでの夕飯はトマトパスタにしました。この時、テーブルが相席になったタイの若者グループとは、その後何度も顔を合わせることになります。ここまで欧米以外だと他にマレーシアのグループとの交流がありましたが、未だ日本人には会っていません。

M12A4398.jpg

翌朝は4時前に起きてカラパタールに登ります。

PETZL(ペツル) TIKKA ティカ E93 AAA ブラック

PETZL(ペツル) TIKKA ティカ E93 AAA ブラック

D29 地球の歩き方 ネパールとヒマラヤトレッキング 2018~2019

D29 地球の歩き方 ネパールとヒマラヤトレッキング 2018~2019

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2018/07/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
TRANSIT(トランジット)43号 カトマンズもヒマラヤも! 愛しいネパール (講談社 Mook(J))

TRANSIT(トランジット)43号 カトマンズもヒマラヤも! 愛しいネパール (講談社 Mook(J))

次回の記事

当日の行動ログ(YAMAP)


エベレスト街道トレッキング関連エントリ

【導入編】春のエベレスト街道を歩いてエベレストB.C. &カラパタールを目指す旅【エベレスト街道トレッキングの基礎知識】 - I AM A DOG
エベレスト街道トレッキングに持って行って良かったアイテム10選とか必要なかったあれこれまとめ - I AM A DOG
脅威のカメラ性能! Google Pixel 3で撮ったネパール&エベレスト街道 - I AM A DOG

【レポート】
ネパール入国〜カトマンズに滞在してトレッキング準備と犬と飯【エベレスト街道トレッキング①】 - I AM A DOG
国内線でルクラに飛んでトレッキングスタート、モンジョからナムチェバザールへ【エベレスト街道トレッキング②】 - I AM A DOG
シャンボチェの丘にホテルテルエベレストビュー、シェルパの里クムジュン村を巡る高度順応日【エベレスト街道トレッキング③】 - I AM A DOG
絶景トラバースを歩きゴンパの村タンボチェへ、さらに4000mを越えディンボチェへ【エベレスト街道トレッキング④】 - I AM A DOG
標高5000mを越えナンガゾンピークで絶景パノラマ〜モレーンを歩いてロブチェへ【エベレスト街道トレッキング⑤】 - I AM A DOG
エベレスト街道最後の街ゴラクシェプから遂にエベレストベースキャンプ到達!【エベレスト街道トレッキング⑥】 - I AM A DOG
念願適う… カラパタールからエベレストの日の出を見た朝【エベレスト街道トレッキング⑦】 - I AM A DOG
天候悪化の兆し…… チュクンリは諦め下山を開始、2日かけてナムチェバザールへ【エベレスト街道トレッキング⑧】 - I AM A DOG
エベレスト街道最終日、桜と犬そしてルクラへ、カトマンズへの直行便はどうなった?(【エベレスト街道トレッキング⑨】 - I AM A DOG

【準備編】
旅行中の予備レンズを軽量パンケーキ2本で揃えてみた - I AM A DOG
長期旅行中の撮影データのバックアップについて考えた結果、大量のSDカードを準備することに…… - I AM A DOG
海外旅行に備えてワンデー使い捨てのコンタクトを用意しました - I AM A DOG
トレッキング旅行の前に破れたカメラバッグやトレッキングパンツを補修するなど - I AM A DOG
電源不要で使える手動式の携帯ウォシュレットは長期の旅や登山の必需品だと思う - I AM A DOG