I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

エベレスト街道最終日、桜と犬そしてルクラへ、カトマンズへの直行便はどうなった?【エベレスト街道トレッキング⑨】


スポンサーリンク

エベレスト街道13日目、ナムチェバザールでの停滞を経てなんとか妻の熱も下がり、ゴールのルクラを目指します。しかしルクラからカトマンズへの直行便はトリブバン空港の工事により飛んでない状況…… 果たして無事カトマンズに戻れるのか?

f:id:OKP:20190530120842j:plain

前回の記事

快晴のナムチェバザールからルクラを目指す

2日間降った雨は止んで快晴となったナムチェバザール。妻の熱も下がり、エベレスト街道トレッキングの最後の日が始まります。行きは2日間かけたルクラ〜ナムチェ間ですが、帰りは1日で18kmほどの距離を戻ります。全体的には下り道が中心ですが、何度か登り返しがあるので油断はできません?

f:id:OKP:20190530120656j:plain

朝食にカロリーたっぷりのフレンチトーストを食べ、色々とお世話になったロッジのオーナーに感謝の言葉を伝えてからスタート。

f:id:OKP:20190530120655j:plain

既に動き始めているナムチェのメインストリート。標高3500mにこの街があったおかげで色々と助かりました。

f:id:OKP:20190530120657j:plain
f:id:OKP:20190530120658j:plain
f:id:OKP:20190530120659j:plain

ナムチェの入口でディンボチェ〜ロブチェとロッジが一緒だったマレーシアのグループに遭遇。我々より1日遅い行程でしたが、こちらがナムチェで停滞している間に追いついたようです。

f:id:OKP:20190530120701j:plain

いつの日かまた!

f:id:OKP:20190530120702j:plain

チェックポストを抜けて……

f:id:OKP:20190530120703j:plain

ここのトイレは

f:id:OKP:20190530120705j:plain

エベレストが見える最後のポイント。最後の最後にもう一度エベレストを見ることができて良かった!

f:id:OKP:20190530120704j:plain
f:id:OKP:20190530120708j:plain

2日間降り続いた雨で足下はかなり泥濘んでいます。

f:id:OKP:20190530120706j:plain

うっかり転ぼうものならそこら中にゾッキョやロバのウンコが落ちているので大変キケン。

f:id:OKP:20190530120707j:plain

石がこれまた滑るんですよねぇ……

f:id:OKP:20190530120709j:plain

吊り橋をゾッキョたちが渡ってきたら待ちましょう。

f:id:OKP:20190530120713j:plain

このぬかるんだ斜面でこんな荷物を背負って、超人過ぎる……

f:id:OKP:20190530120714j:plain
f:id:OKP:20190530120715j:plain
f:id:OKP:20190530120716j:plain

ジョルサレの国立公園ゲートに辿り着きました。

f:id:OKP:20190530120717j:plain

大混雑のジョルサレゲート、満開の桜が咲くエベレスト街道

え、なにこの混雑……? 2日間の雨で何かしらの足止めなどあったのでしょうか。この日はとにかくルクラ方面から上がって来るトレッカーの数がかなり多い。

f:id:OKP:20190530120718j:plain

そしてモンジョ。初日に世話になった「カイラッシュロッジ」の庭では日本から移植したというソメイヨシノが丁度満開を迎えていました。

f:id:OKP:20190530120720j:plain

今年の春は丁度日本の桜が咲く直前に旅立ってしまったので、これは嬉しいサプライズ。ここからルクラにかけて、数カ所で日本の桜を見ることができます。
たなびくタルチョと桜、エベレスト街道でしか見られない色合いですね。

f:id:OKP:20190530120721j:plain

そしてカイラッシュロッジのチキンサンドがめちゃくちゃ美味しいのですけど……。当初、軽いお茶で妻とシェアするつもりでしたが、あまりに美味しいので結局追加で2人分いただきました。

f:id:OKP:20190530120722j:plain

この日は荷揚げのラバやゾッキョがガンガン上がっていきます。

f:id:OKP:20190530120723j:plain
f:id:OKP:20190530120733j:plain
f:id:OKP:20190530120737j:plain

エベレスト街道の犬。

f:id:OKP:20190530120724j:plain
f:id:OKP:20190530120725j:plain
f:id:OKP:20190530120730j:plain
f:id:OKP:20190530120732j:plain

エベレスト街道の桜。

f:id:OKP:20190530120726j:plain
f:id:OKP:20190530120728j:plain
f:id:OKP:20190530120731j:plain
f:id:OKP:20190530120738j:plain

水は遂にRs80。

f:id:OKP:20190530120727j:plain

鮮やかなシャクナゲ。

f:id:OKP:20190530120729j:plain

数人分のバックパック+αを運んでます……

f:id:OKP:20190530120734j:plain
f:id:OKP:20190530120735j:plain
f:id:OKP:20190530120736j:plain

モンジョからルクラの間はパクディン他10個ぐらいの小さな村があるのですが、行きに歩いた際よりも長く感じます。

f:id:OKP:20190530120740j:plain
f:id:OKP:20190530120739j:plain

これまで2年間履いていた軽登山靴、右足に続いて左足のソール先端も剥がれてしまいました。エベレスト街道を歩く際は履き慣れていて、かつ100kmオーバーのトレイルに耐えられる靴を選びましょう。つま先ならいいですが、メインのソールが剥がれるようだとかなり困ります。

f:id:OKP:20190530120741j:plain

壊れた靴はネコにあげてしまいましょう(たまたま似てるだけで私のマムートではない)。

f:id:OKP:20190530120742j:plain

最後に買ったミネラルウォーターはクーンブ氷河の水。

f:id:OKP:20190530120743j:plain

歩いて歩いて、最後にひたすら登りが待っています。あのカーブを曲がれば……

f:id:OKP:20190530120744j:plain

ルクラのゲートに到着!

f:id:OKP:20190530120745j:plain

(以上でエベレスト街道トレッキングは終わりになりますが、本記事はルクラでの滞在、翌日のカトマンズに戻るまでを記録しておきます)

D29 地球の歩き方 ネパールとヒマラヤトレッキング 2018~2019

D29 地球の歩き方 ネパールとヒマラヤトレッキング 2018~2019

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2018/07/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

ルクラ着、エベレスト街道を無事踏破

無事、ルクラまで戻ってきました。エベレスト街道、13日かけて完走しました!

f:id:OKP:20190530120746j:plain

早くこうなりたい。

f:id:OKP:20190530120747j:plain

この日は既に飛行機が飛んでないので、ルクラで宿を探す必要があります。

f:id:OKP:20190530120748j:plain
f:id:OKP:20190530120749j:plain

その前に下山コーラをキメますか。

f:id:OKP:20190530120751j:plain

そして当初の予定では3日後(12日)で予約していた飛行機の便を変更する必要があります。SITA AIR他主要な航空会社はルクラのメインストリートに窓口があります。カトマンズ便が飛んでない件なども確認する必要がありますし……

f:id:OKP:20190530120752j:plain

……と思ったら、あっさりと翌朝7時の便に予約が変更されました。本当にあっさり(交渉したのは妻)。
そしてカトマンズ行きの便は飛んでないものの、途中の空港からSITA AIRが手配したバスが用意されているそう。ひとまずこれで無事に翌日にはカトマンズにたどり着けそうです。

f:id:OKP:20190530120750j:plain
f:id:OKP:20190530120753j:plain

懸案事項だった航空機の件も解決したので、あとはこの日の宿を探すだけ。

f:id:OKP:20190530120754j:plain
f:id:OKP:20190530120755j:plain

空港から近いこちらの「パラダイスロッジ」にチェックイン。

f:id:OKP:20190530120801j:plain

日本人だと名乗った我々が通された部屋は「JUNKO TABEI」。本当に田部井淳子さんが泊まった部屋なのだとか。

f:id:OKP:20190530120758j:plain

シャワー付きの広い部屋ですが、残念ながらお湯は出ません……。

f:id:OKP:20190530120759j:plain

最終日の行動時間は8時間越えで18.3kmの移動でした。標高差がそこそこあったので(パクディン〜ルクラ間の登りがキツい)なかなか疲れた最終日です。

f:id:OKP:20190530120800j:plain

部屋からはテンジンヒラリー空港の滑走路(急斜面)と桜の木が見えます。

f:id:OKP:20190530120757j:plain

荷物を置いて再びルクラのメインストリートへ。

f:id:OKP:20190530120802j:plain
f:id:OKP:20190530120803j:plain
f:id:OKP:20190530120804j:plain

気になっていたんですよね、クラフトビールの店。

f:id:OKP:20190530120805j:plain

缶ビールではありましたが地元のクラフトビール、シェルパブルワリーのクーンブクルシュ。ビールを解禁するのはナムチェからと思ってましたが、体調不良などもあったのでようやく美味しくビールが飲めます。無事に旅を終えたことを祝って乾杯!

f:id:OKP:20190530120806j:plain
f:id:OKP:20190530120807j:plain

夜のロッジでは、テンジンヒラリー空港へのソーラーパネルの設置で日本から技術支援に来ているという方々とお話することができました。ネパール特有の様々なルーズさにかなり苦労されているようですが、日本から遠く離れた地で1日の仕事を終えてささやかな乾杯をする皆さん、とても格好良かった。

f:id:OKP:20190530120808j:plain

エベレスト街道最後の夕飯、私はカレー。

f:id:OKP:20190530120809j:plain

すっかり回復した妻はヤクステーキ。山を下りてきた分、ナムチェよりも肉が大きい。ロッジ的にもイチ押しメニューのようです。

f:id:OKP:20190530120810j:plain

テンジンヒラリー空港から飛行機はどこへ行く!?

翌朝、6時には朝食を食べてそのまま空港へ(徒歩5分)。

f:id:OKP:20190530120812j:plainf:id:OKP:20190530120813j:plain
f:id:OKP:20190530120811j:plain

この日は朝から薄曇り(山は多少見えています)、そういえば我々と入れ違いのスケジュールで野口健氏がエベレスト街道に入っていたようですが(ルクラの同じロッジに泊まっていたのだとか。ナムチェあたりですれ違ってたかも?)、今年のエベレスト街道の天候の不安定さについてツイートしていました。

f:id:OKP:20190530120814j:plain

飛行機が飛んでくれることを祈りつつ、犬に見送られながら空港へと向かいます。

f:id:OKP:20190530120815j:plain
f:id:OKP:20190530120820j:plain

手前に見えているサミットエアの2機のうち駐機場の方の機体、この数日後にこの空港滑走路でヘリ2機に衝突、3名の犠牲者を出す大事故を引き起こしてしまいます。
ネパールの小型機がヘリ2機に衝突、3人死亡 エベレスト玄関口の空港で 写真7枚 国際ニュース:AFPBB News

f:id:OKP:20190530120816j:plain

短い滑走を斜面の勢いを借りて飛び立って行く飛行機。これで飛んでしまうのも凄いけど、やはり着陸時の速度をこの距離で殺しているのがとんでもないですね。

f:id:OKP:20190530120817j:plainf:id:OKP:20190530120818j:plain
f:id:OKP:20190530120819j:plain

滑走路の途中、右側に見えているのがヘリコプターの駐機場。丁度ヘリが出ていくところです。

f:id:OKP:20190530120821j:plain

横から飛び出したと思ったら滑走路で90度向きを変えて谷の方へ飛んで行きます。これも見ているとなかなかスリリング。

f:id:OKP:20190530120822j:plainf:id:OKP:20190530120823j:plain

テンジンヒラリー空港の入口です。食堂などでなく空港の玄関口!

f:id:OKP:20190530120826j:plain

空港の入口に犬(足跡がかわいい)。この後、空港の中に普通に入ってきて職員に凄い剣幕で追い出されていました(笑)(そりゃそうだ)

f:id:OKP:20190530120827j:plain

簡素なチェックインロビー。

f:id:OKP:20190530120828j:plain

f:id:OKP:20190530120829j:plainf:id:OKP:20190530120830j:plain

SITA AIRのカウンター。事前に荷物の重量を量って預け入れのザックが10kgを越えてないことを確認しておきます。超過料金を払ってるトレッカーもいましたが、かなりの額を払っていたような……(Rs1000冊を10枚以上は数えていました)。

f:id:OKP:20190530120831j:plain

カメラ2台を含む私の手荷物は6.5kg、なんなら10kg位手荷物にしても行けたりしませんかね?

f:id:OKP:20190530120834j:plain

簡単なセキュリティチェックを済ませた預け入れ荷物は便毎に外にまとめられています。

f:id:OKP:20190530120832j:plain

大きなツアーになると、旅行会社の名前が入った専用のダッフルバッグで顧客の荷物をまとめています。

f:id:OKP:20190530120833j:plainf:id:OKP:20190530120836j:plain
f:id:OKP:20190530120837j:plain

我々のチケットも無事発行されました。行き先はあくまでカトマンズ表示。飛行機は途中までしか飛ばないけど、航空会社はカトマンズまで連れて行くよ、という。

f:id:OKP:20190530120839j:plain

SITA AIRの機体もいつの間に飛んで来ました。

f:id:OKP:20190530120838j:plain

エベレスト街道で買った最後のミネラルウォーター。空港内の売店はRs200、高いな!

f:id:OKP:20190530120841j:plain

我々の便も無事に飛んでくれました。時間は8時。

f:id:OKP:20190530120843j:plain

ルクラ発の便の場合、右側がヒマラヤンビューです。

f:id:OKP:20190530120844j:plain

こんな感じ。

f:id:OKP:20190530120845j:plain

さて、行きの便では何ともなかったのですが、帰りの便では気圧の関係か耳がめちゃめちゃ痛くなってしまいました……。気密の低そうな飛行機ではありますが、妻は大丈夫そうですし、何が原因なのでしょうね?

f:id:OKP:20190530120846j:plain

耳の痛みがそろそろ限界…… と思った頃にドスンとよく分からない空港に着陸しました。

f:id:OKP:20190530120847j:plain

マンサリ ラメチャープ空港からハイエースで5時間半……

どこだろう?ここ。

f:id:OKP:20190530120848j:plain

え?何、あの人だかり……

f:id:OKP:20190530120849j:plain

山間部の盆地っぽい周囲は山に囲まれた空港で下ろされました。

f:id:OKP:20190530120850j:plain

ああ、これからルクラに向かうトレッカーたちですね。カトマンズからここまでバスに揺られて…… ご苦労さまでした(しかしまだ旅はこれから)。

f:id:OKP:20190530120851j:plain

ルクラ着でもそうでしたが飛行機下りるといきなり滑走路から空港の外に放り出されるんですよね。

f:id:OKP:20190530120852j:plain

SITA AIRの職員に呼ばれるまま付いていくと…… まさかこのハイエース。

f:id:OKP:20190530120853j:plain

なるほど、これがバスですか。

f:id:OKP:20190530120855j:plain
f:id:OKP:20190530120854j:plain

ほんと、どこだろうここ? 携帯(NCELL)の電波も入らないし…… ととりあえずGoogleMapで現在位置をマッピングしておきます。後で分かったのはマンサリのラメチャープ空港。ルクラとカトマンズの丁度中間地点。陸路のエベレスト街道の入口であるジリの南、カトマンズまでは130km程の場所になります。

f:id:OKP:20190530120856j:plain
f:id:OKP:20190530120858j:plain

高速道路なんてないのでひたすら舗装の悪いよく揺れる道、山岳エリアからカトマンズ盆地の間は山だらけなので、ハイエースはいくつもの丘を越えていきます。

f:id:OKP:20190530120857j:plain

2時間置きぐらいにトイレ休憩を挟みながら、徐々にカトマンズ盆地へと近づくハイエース。同じ車に乗っていたのは、ゴラクシェプやナムチェで顔を合わせていたタイ人の4人グループ。

f:id:OKP:20190530120859j:plain

シャイなアジア人同士(?)特にこれまで会話もなかったのですが、向こうの1人が実は結構な日本通で、自分は日本が好きで立山や上高地にも行ったことがある、なんて突然話しかけてくるものだからビックリ。「うちら、ゴラクシェプで会ってるよね」と話すと「もっと、もっと何度も会ってるよ!」ってそれなら、もっと早く話しかけてくれればいいのに(笑)

f:id:OKP:20190530120900j:plain

我々がネパールの後にタイに立ち寄ることを話すと嬉しそうで、アユタヤには行った方がいいか?と訪ねると「マストだ!」と。なんだかタイも楽しみになってきました。

f:id:OKP:20190530120901j:plain

14時過ぎ、空港に行くはずのハイエースバスの運転手は「1人Rs500でタメル地区行くけどどうだ?」と白タクに変貌(笑)  空港からタクシーに乗っても同じなので、そのままOKして2週間ぶりのタメル地区に戻って来ました。絡み合った電線が懐かしい。

f:id:OKP:20190530120902j:plain

カトマンズにはお猿もいるぞ。

f:id:OKP:20190530120903j:plain

カトマンズ帰着の午後、祝杯とチトワンへ向けての準備

荷物を預けていた「オアシス カトマンズ ホテル(Oasis Kathmandu Hotel)」に再びチェックインした後、やってきたのはタメル地区中心地のフードコート。

f:id:OKP:20190530120911j:plain

ナムチェで会った日本人トレッカーから聞いた、安くて美味しい日本食レストラン「絆(KIZUNA)」です。スタミナ丼Rs380、カツ丼Rs300とめちゃくちゃ安い!

f:id:OKP:20190530120905j:plainf:id:OKP:20190530120904j:plain

キッチンのみの小さい店ですが、安くて美味しいので日本人トレッカー、バックパッカーはもちろん外国人にも人気の店なのだとか(アジア人にも日本食好きが多いみたい)。

f:id:OKP:20190530120906j:plain

久々のゴルカビール。

f:id:OKP:20190530120907j:plain

妻のカツ丼と私の生姜焼き丼。それぞれみそ汁とお新香付き。

f:id:OKP:20190530120908j:plain

本当は人気メニューのスタミナ丼(写真を見る限りスタ丼そっくり)が食べたかったのですが品切れになっていたので、生姜焼き丼。見た目通りの濃い味付けで美味しいです(ご飯はもちろんジャポニカ米)。カツ丼もやはナムチェの店に比べて肉厚なのは、都市部だから仕入れに余裕があるのでしょう。

f:id:OKP:20190530120909j:plain

これがどれも300円前後で食べられるのだから、バックパッカーに人気なのも納得です。

f:id:OKP:20190530120910j:plain

その後はSherpaの直営店で買い物をしたり、翌日からのソウラハ行きのツーリストバスを手配してカトマンズの午後を過ごします。

f:id:OKP:20190530120912j:plain

というのもエベレスト街道を当初よりも前倒しで切り上げてしまったため、3日分のネパール滞在が浮いてしまっています。そこで、2泊3日のスケジュールで中央ネパール南部の「チトワン国立公園」に観光に行くことにしたのです。野生のサイなども見られる亜熱帯ジャングルの国立公園ということで、氷点下のヒマラヤとは真逆の気候。
チトワン国立公園 - Wikipedia

f:id:OKP:20190530120913j:plain

そんな気温差50度近いギャップも楽しめそうですし、Tシャツを買って南国に備える我々。次回のネパール旅行レポートからそんなチトワン国立公園編がスタートします!?(エベレスト街道編がかなりかかってしまったので、しばらく空くと思います)

f:id:OKP:20190530120915j:plain

翌日のバス乗り場などを確認した後に前を通りかかった「エベレストモモセンター」。安くて美味しいと人気のモモの店、カトマンズ滞在中に行きたいと思ってたのですが、結局タイミングが合わずに行けませんでした。

f:id:OKP:20190530120914j:plain

夜はカトマンズで一番美味しいピザ屋と評判(!?)の「FIRE AND ICE」へ。確かに店は混み合っていてすぐには入れず30分程待つことになりましたが、その間も引っ切りなしに客がやってきます。

f:id:OKP:20190530120917j:plain

ピザは店名を冠した「FIRE AND ICE」を注文。見切れている手は相席になったカトマンズ在住のブラジル人のおじさん。元々トレッカーでやはりエベレスト街道を歩いたのが切っ掛けでネパールが気に入って、カトマンズで観光業してる…… 的な話をしてたような。

f:id:OKP:20190530120919j:plainf:id:OKP:20190530120921j:plain
f:id:OKP:20190530120920j:plain

改めてエベレスト街道の完走を祝って妻と乾杯。色々ありましたが、EBCとカラパタールまで行けて、怪我なく自分の足で戻ってこれたのだから今回の旅は大成功でしょう。

そしてこの店はピザの他にアイスクリームも売りにしています。だからFIRE AND ICEなのね?

f:id:OKP:20190530120923j:plainf:id:OKP:20190530120922j:plain

以上、ルクラ以降のおまけ部分が少々長くなってしまいましたが、エベレスト街道トレッキングのレポートはこれにておしまいです。書いていたら色々と思い出したこともあるので、適宜まとめ記事の方に追記していく予定。
後は今回のトレッキングで役に立った(&使わなかった)装備関係でもう1本ぐらい記事をまとめるかもしれませんし、ネパール旅の続き(チトワン)、その後のタイ滞在の様子なども後日改めて記事にしたいと思います。

Fire & Ice

Fire & Ice

TRANSIT(トランジット)43号 カトマンズもヒマラヤも! 愛しいネパール (講談社 Mook(J))

TRANSIT(トランジット)43号 カトマンズもヒマラヤも! 愛しいネパール (講談社 Mook(J))

当日の行動ログ(YAMAP)


エベレスト街道トレッキング関連エントリ

春のエベレスト街道を歩いてエベレストB.C. &カラパタールを目指す旅【エベレスト街道トレッキングの基礎知識/導入編】 - I AM A DOG
エベレスト街道トレッキングに持って行って良かったアイテム10選とか必要なかったあれこれまとめ - I AM A DOG
脅威のカメラ性能! Google Pixel 3で撮ったネパール&エベレスト街道 - I AM A DOG

【レポート】
ネパール入国〜カトマンズに滞在してトレッキング準備と犬と飯【エベレスト街道トレッキング①】 - I AM A DOG
国内線でルクラに飛んでトレッキングスタート、モンジョからナムチェバザールへ【エベレスト街道トレッキング②】 - I AM A DOG
シャンボチェの丘にホテルテルエベレストビュー、シェルパの里クムジュン村を巡る高度順応日【エベレスト街道トレッキング③】 - I AM A DOG
絶景トラバースを歩きゴンパの村タンボチェへ、さらに4000mを越えディンボチェへ【エベレスト街道トレッキング④】 - I AM A DOG
標高5000mを越えナンガゾンピークで絶景パノラマ〜モレーンを歩いてロブチェへ【エベレスト街道トレッキング⑤】 - I AM A DOG
エベレスト街道最後の街ゴラクシェプから遂にエベレストベースキャンプ到達!【エベレスト街道トレッキング⑥】 - I AM A DOG
念願適う… カラパタールからエベレストの日の出を見た朝【エベレスト街道トレッキング⑦】 - I AM A DOG
天候悪化の兆し…… チュクンリは諦め下山を開始、2日かけてナムチェバザールへ【エベレスト街道トレッキング⑧】 - I AM A DOG
エベレスト街道最終日、桜と犬そしてルクラへ、カトマンズへの直行便はどうなった?【エベレスト街道トレッキング⑨】 - I AM A DOG

【準備編】
旅行中の予備レンズを軽量パンケーキ2本で揃えてみた - I AM A DOG
長期旅行中の撮影データのバックアップについて考えた結果、大量のSDカードを準備することに…… - I AM A DOG
海外旅行に備えてワンデー使い捨てのコンタクトを用意しました - I AM A DOG
トレッキング旅行の前に破れたカメラバッグやトレッキングパンツを補修するなど - I AM A DOG
電源不要で使える手動式の携帯ウォシュレットは長期の旅や登山の必需品だと思う - I AM A DOG