読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

スイス旅行記:6日目②[スネガまでハイキング〜ツェルマットの街でフォンデュを食べる]

旅行 カメラ/写真 スイス

スイス旅行記、ゴルナーグラートからのハイキングの続きです。
EM120100.jpg
前回はゴルナーグラート展望台からヴァリスアルプスの絶景を眺め、マッターホルンや氷河を眺めながらのハイキング、リッフェルゼーの逆さアルプスを堪能し、リッフェルベルグの駅まで降りてきました。

風景写真としては恐らく前回とベルナーアルプスのものが今回の旅行におけるピークだったので、さすがにあれ以上のものはもう出ません(笑)
今回はやや落ち着いた(それでも充分以上に素晴らしい景色の中の)山歩きになりますし、翌日以降はアルプスを離れてのレイクリゾートや旧市街地の散策がメインになります。

さて、リッフェルベルグからゴルナーグラート鉄道(GGB)の次の駅を目指すなら「リッフェルアルプ」という駅になります、我々は全日に地下ケーブルカーで行ったスネガ・パラダイスを目指します。時間があれば、スネガからロープウェイで「ロートホルン・パラダイス」という3103mの展望台まで行ければというプランです。
冒頭の写真は昼食後リッフェルベルグから歩き始めてすぐの景色。正面中央がリッフェルアルプ、そして谷間の奥にはツェルマットの街が見えます。

スネガ・パラダイスへ向けて…

GGBに沿った道から写真左端に見えてる道へと抜け、手前の山を回り込んで谷の向こうへと抜けていきます。
EM120113.jpg

目指すスネガは目の前の谷を迂回しての向こうの山。ここは工事車両も通れるような砂利道で、あまりハイキングコースっぽくありませんね。
EM120145.jpg

ヴァリスアルプスの天然水? この水を飲んでよいものか悩みましたが、2口3口程度にしておきました(結局飲んでる)。
EM120151.jpg

森林限界の下に降りてきたので、岩場だらけだった午前中と比べて緑の絨毯が多く見られるようになってきました。
EM120175.jpg

この辺りになると、もはやアルプスを歩いて雰囲気もありません(?)。前日の“奥多摩感”に対して、こちらは八ヶ岳っぽいというか… そういえば向こうに見えてる山はロートホルン(赤い角)。さしずめ赤岳といった所でしょうか?
EM120185.jpg

この明らかな氷河の白い水は流石に飲もうとは思いませんね(笑)
EM120197.jpg

そんな水が貯められた池(湖?)もありました。先ほどまでいたGGBの線路があるのは中央の斜面の向こう側です。
EM120226.jpg

このお花畑を登れば目指すスネガの駅まですぐ。今回、あまり登りがなかったのと水の残りが心細くなっていたので、ちょっとキツかった(笑) リッフェルベルグからはここまで1時間半程度です。
EM120238.jpg

前日に続いてまたまたスネガのライゼー。やはりこの日も午後はさざ波が立ってしまい、逆さマッターは無理…
EM120251.jpg

いや、なんとか微妙な感じで…?
EM120253.jpg

ゴルナーグラート〜ツェルマットのお花たち

ベルナーオーバーラントでのお花畑があまりに凄まじかったので、ツェルマットエリアに来てからのお花畑がやや地味に感じてしまうとか、ちょっと感覚が麻痺してしまってますが、緯度の関係か標高の関係か若干こちらの方が季節が早めなのかもしれませんね。

やはり、こちらでも黄色い絨毯はあちこちで見ることができます。この群生している黄色い花は、手元のガイドブックと照らし合わせても種類がイマイチハッキリしないのですが、「ドッターブルーメ」「ゴルト・フィンガークラウト」「ベルク・ハーネンフス」のどれかかなぁ?と。
EM120126.jpg
EM120138.jpg

標高の高いところではこの鮮やかなブルーの花をよく見ました。
EM121511.jpg

岩にへばりつくようなピンクの花が可愛らしいですね。
EM120020.jpg

黄色とオレンジ。
EM120163.jpg
EM120236.jpg

この綿のようなものは何でしょうね?
EM120164.jpg

クライネシャイデックの辺りでもよく見かけたツツジ科の花。
EM120169.jpg
このような感じで、お花畑を見るならクライネシャイデック周辺が一番だったのですが、こればかりは季節の絡みもあるでしょうから、一度の旅行で数カ所のエリアを移動することで、どこかでベストシーズンにあたればラッキーかもしれませんね。

ブラウヘルトからの展望

さて、スネガからロープウェイに乗って、1つ上の「ブラウヘルト」までやってきました。更に、ロープウェイを乗り継いでロートホルン・パラダイスまで行こうと思ったら、なんとロープウェイの営業時間が終了なのだとか…。スネガのチケット売り場で教えてくれればいいのに…(苦笑)。
しかも下りの最終ロープウェイまであと30分強… さすがに、歩いて下りる元気もないので、時間いっぱいこの中途半端な場所から展望を楽しむことにします。
EM120290.jpg

本来ならマッターホルンが見えるだけでも、充分な景観のはずなのですが、なんせこちとらこの数日間で絶景がインフレを起こしてますからね(笑)
中央付近の斜めに走る白い道が、午後ずっと歩いてきたコースです。
EM120306.jpg

行けなかったロートホルン。確かに赤岳だ…。
EM120313.jpg

さて、ロープウェイが動いている間に下りますか。そしてスネガからは地下ロープウェイに乗ってツェルマットへ。ちなみにこれらの乗り物、それなりに高いです。
EM120332.jpg

ツェルマットの街へ

一端ホテルに戻り、トレッキングの格好から着替えてツェルマットの街へと夕飯がてらの散歩へ出掛けます。
EM120355.jpg

それにしても凄い川の流れ…。日本にもこのような三面護岸の川はありますが、台風後じゃないとこんな勢いってなかなかありません。ベルンや電車移動時に見た川の多くがそうでしたが、スイスは平常時の川の水位が高いのですよね。増水とかないのでしょうか?
EM120360.jpg

ここからメインストリートに向けて細い路地を抜けていきます。
EM120363.jpg
EM120366.jpg

ネズミ返しのある建物は、このツェルマットの街でもあちこちで見ることができます。
EM120367.jpg
EM120371.jpg

Matterhorn Museum(マッターホルン博物館)を見学

Matterhorn Museumにやってきました。何故か近代的なガラス張りの建物。1階が受け付けになっていて、展示スペースに地下にあります。
ツェルマットとアルプス登山の歴史が分かる博物館 - マッターホルン博物館の口コミ - トリップアドバイザー
EM120378.jpg

このような感じで、古い建物が地下に再現され、マッターホルンにまつわる様々な歴史、文化が展示されています。
EM120381.jpg

マッターホルン初登頂時に使用され、下山時に4人が亡くなるという悲劇が起こった際に切れたザイル。予備の細いザイルとのことですが、こんな細いザイルでは当然4人を支えることが不可能だったことでしょう。
EM120393.jpg

1865年の初登頂時の装備の一部のようですが、4000m峰にこんな格好で登っていたなんて信じられませんね。
EM120398.jpg

スイス滞在6日目にして、初フォンデュ

アルペンエリアの滞在中にどこかでチーズフォンデュを食べようと思っていたので(ラクレットはメンリッヒェンで食べてますし)、この日の夕飯に食べに行くことにしました。
選んだレンストランは「Whymper-Stube」。ガイドブックなどにもよく載っているようなメインストリート沿いのお店ですが、トリップアドバイザーの評価も良さそうですし、価格の方も(スイスにしては)お手頃な感じでしたので。
Restaurant Whymper-Stube (ツェルマット) の口コミ546件 - トリップアドバイザー
EM120453.jpg
そうそう、ラクレットやフォンデュなどスイスの伝統的なチーズ料理を出すお店は、どこもなんというか“豚骨ラーメン屋っぽい匂い”がしています(笑)

注文したのはマッシュルームのフォンデュとステーキ。所謂「スイスステーキ」がスイスにあるかは知りませんが、単に牛肉のステーキが食べたかったのです。このステーキはお肉も柔らかくとても美味しかったですね。それにしても付け合わせのポテトが異常に多い…。
EM120439.jpg
「このポテトをフォンデュに付けて食べるのがオススメよ!」とお店の方が教えてくれました。ええ、言われなくても多分やりますね(笑)

さて、フォンデュの準備として出てきたのがこちら。ゴトクの十字架とアルコールランプがオシャレです。
EM120432.jpg

フォンデュはジャガイモとパンを浸していただきます。正直ジャガイモはいい加減飽きてきているのですが、うちの奥さんはかなり気に入ったみたい。当然?パンは完食できていません。
EM120440.jpg
EM120447.jpg

この中にマッシュルームがゴロゴロと入っていて、それがまた美味しいのです!
EM120442.jpg
EM120444.jpg

すっかり満腹になったのでホテルに戻ります。ちなみに時間は21時頃。ツェルマットは山間部の谷間なので、日が山に沈むのは早いのですが、まだまだ充分に明るいですね。
そういえば、このフォルクスワーゲンのパトカーはガソリン車でしょうか? 緊急車両などまで電気自動車に限定されている訳ではないようですね。
EM120485.jpg

以上、ツェルマット滞在2日目でした。翌日はスイス西部のレマン湖畔の街、モントルーまで移動となります。翌日からモントルーで開催される、世界的な音楽イベント「モントルー・ジャズ・フェスティバル2015」を見に行くのがその目的。

ということで、これでスイスアルプスエリアの滞在は終わりますが、本当に夢のような4日間でした。本来なら天候の影響も考えて、ツェルマットやグリンデルワルトでは3日以上滞在するのが目安のようですが、本当に幸運なことに今の所、全日程が晴れ又は晴天。これなら以降の予定は、もう天気が崩れてもいいやぐらいの気分だったのですが(笑)、実際は猛暑というくらいの夏の日差しに苦しめられることになるのです…。

2015 スイス旅行関連記事など

追記:スイス旅行の記録は以下にまとまっています(エリア、カテゴリごとに枠を変えてあります)。